テレビ番組

スカーレットあらすじネタバレに視聴率も!はじめまして信楽!第1週

スカーレット,朝ドラ

2019年9月30日から10月5日までの第1週のスカーレットのあらすじネタバレと感想をまとめています。

第1週は「はじめまして信楽」ということで、スタートしました。

ここでは、第1回〜6回までの第1週のあらすじネタバレに視聴率の推移や、感想についてまとめています。

スカーレットあらすじネタバレ1話〜6話(第1週)

スカーレット1話あらすじネタバレ

滋賀県信楽の女性陶芸家である川原喜美子(戸田恵梨香)が、土と炎に向き合う女の物語。

昭和22年9歳の喜美子(川島夕空)は父の常治(北村一輝)母のマツ(富田靖子)二人の妹と共に大阪からやってきた。琵琶湖の大きさに海だ!と思ってしまうくらい圧倒される。さらに、信楽のタヌキの焼き物に喜美子は興奮して焼き物に毎日あいさつなんかしたり。

新生活への期待を膨らませている中、引っ越し早々、妹をおぶっていた喜美子はお漏らしした妹のことで、近所の男子たちにからかわれ、怒って相手の所に乗り込み大ケンカ!そのことを知った父の常治もからかった男子の家に行き、ちょっとした騒動に。

しかし帰ってから常治は喜美子に「引越し早々、男とやりあう女がいるか?」と、二度と喧嘩はあかん!禁止!禁止や!と言われてしまう。

スカーレット,朝ドラ
スカーレット子役は川島夕空!事務所や過去の出演作についても(朝ドラ)2019年9月30日から放送がスタートするNHK連続テレビ小説「スカーレット」 いよいよ放送開始となりますが、今回は「スカーレット...

2話あらすじネタバレ

喜美子が狸を見つけて追いかけると、見失ったその先に一人の人物を見つける。喜美子が「誰や?」と言って振り返ったその男性は?

男性(村上ジョージ)が土を掘っているのを興味津々で見ている喜美子。陶芸家として焼き物を作るために土を掘っていると聞き、土が売り物だと知って驚く。

喜美子は寄り道したため、学校に遅刻してしまう。転校初日、挨拶をした喜美子は、国語の授業で音読を任された。しかし、家の手伝いと妹の面倒を見て学校に通っていなかったため、読み書きができないのだ。

信楽で一番大きい窯元、丸熊陶業の娘である熊谷照子(横溝菜帆)が「友達になってあげる」と喜美子に話しかけてきた。しかし、喜美子は友達がいても忙しくて遊べないという理由で断ってしまう。

ケンカをした男子が帰り道に喜美子を待ち伏せていた。喜美子はケンカを買おうとしたが、父の常治に「ケンカは禁止」だと言われたことを思い出し、逃げることにした。

喜美子はお腹が空いた妹の直子(やくわなつみ)をなだめる。戦争中、喜美子と直子が人ごみの中手を繋いで逃げていたが、手を離してしまい直子は独りぼっちになってしまった。怖い思いをしたことを戦争が終わった今でも恐怖が消えずに泣くことが多く、喜美子は「ごめんな」と言っていた。

その頃、常治は大阪で殴られている男性(佐藤隆太)を助けていた。

スポンサーリンク

3話あらすじネタバレ

喜美子の通う小学校では、給食が出されていましたが、まだ試験的に始められた段階で、週数回だけでした。主食は持参する必要がありました。

お嬢さまの照子はパンをかじっており、お隣さんの信作はおにぎりを食べています。主食を持ってこられない喜美子は、恨まやしく思いながら2人を見ていました。

喜美子が家に帰ると、父・常治が大阪の市場から戻っていました。お米や卵を買ってきてくれたようです。

そんな中、縁側には見知らぬ男の人がいます。大阪で暴漢におそわれ、ケガをして意識をなくしていたという草間壮一郎という男。

草間はお医者さんから「心に栄養が足りない」と言われており、そんな草間を不憫に思った常治はしばらく面倒をみることにしたようです。

夕飯の時間になりました。といっても、この日の夕飯は喜美子の作った卵入りのおかゆだけ。

草間にも分けてあげろという常時の合図に喜美子は不満げ。そんな中、妹の直子がだだをこねると喜美子は自分の分をわけてあげます。

草間は一口だけ食事に手をつけると、茶碗を置いてしまいます。

お酒が欲しいのかと思った常治はお酒を持ってくるよう、喜美子にいうが・・・草間はそんな気分じゃないと断る。

そんな草間のしゃべりかたを聞いて、不思議な気持ちになる喜美子。その喋り方は今までに会ったことがないような話しぶりだったからです。

しゃべり方が今までに聞いたことのないものだったので、日本人ではないと言い張る喜美子。草間の事を外国人だと決めつけていました。

草間は、東京で生まれ育ちました。大学を出たあと満州鉄道にいた親戚に呼ばれ、満州でしばらく過ごしていたのです。

草間はそれを見抜いた喜美子を鋭いと褒めました。

草間に褒められた喜美子は純粋に喜びました。

翌日、喜美子は信作に草間の口調をマネさせます。

いつもアホの子と呼ばれていた喜美子は、鋭いねとホメられたことが相当嬉し買ったようです。

喜美子が家に帰ると母のマツがため息をついていました。お金がなくて給食費が払えないことに悩んでいました。

いちばんの楽しみである給食が奪われてはたまらないと思った喜美子は、話をつけるために草間の行方を探します。

スポンサーリンク

4話あらすじネタバレ

草間の様子を見に外に駆け出した喜美子は、以前に喜美子が陶芸家・慶乃川善と出会った場所でした。

そこで草間は、慶乃川と話していました。

草間は土を触って「昔ここも琵琶湖だったと聞いたことがあります。それでこういったと独特の肌の粗さがあるんでしょうか。温かい感じがします。」

そういうと、慶乃川は気を良くして草間に沢山土を手渡します。

草間は「どんなものを焼いているんですか?見てみたいなあ。」と慶乃川に言うと、その光景を見ていた喜美子は影からでてきて言います。

「見せてあげてください。」

慶乃川の家に呼ばれた2人。

草間は満州にいた頃陶芸家の作品に触れ「心が動かされた。」と言います。

喜美子はその言葉に反応して言いました。

「それは心に栄養が染み渡ったんちゃう?」

「おまたせー!」慶乃川が奥から自慢気に新聞紙に包まれた焼き物の中身を見た喜美子は「歪んでるやん。こんなんゴミや。最悪や~。」と辛辣に貶す。

その様子に草間は驚きました。

そして、厳しい目で喜美子を見ていました。

喜美子と草間は家に帰ると、さっきの話をします。

草間は「今日はひどかったね。」と喜美子に言うと、喜美子は「あー慶乃川さんの作品?ひどかったなー。心動かせるどころかがっかりや。」と笑いながら言いました。

「人の心を動かすのは作品じゃない。人の心だよ。作った人の心が作品を通してこちらの心を動かす。ひどかったのは君だ。子供だからといってああいった態度はいけないよ。一生懸命作った人に失礼だ。」草間は喜美子にゆっくりと叱りました。

草間に叱られたことに落ち込む喜美子。

翌日になっても学校で落ち込んでいました。

しかし、照子が信作に「紙芝居のお菓子が新しくなったん知ってる?ポンせんべい言うの。」と話してるのを聞くと、さっきまで落ち込んでいたのが嘘のように目を輝かせ、喜美子も放課後、直子を連れて紙芝居を観に行きました。

他の子供たちはお金を払って紙芝居のおじさんにポンせんべいを貰うが、お金がなくポンせんべいを貰えない喜美子。

せめて妹だけにでもと交渉を持ち掛けますが、後ろから、他の子供達が「あつかましいぞ。」と煽り立てます。

「紙芝居だけでも見たい。」と言う直子を連れて家に帰る喜美子。

家に帰ると直子は「紙芝居見たかった!」と喜美子に怒っていました。

喜美子は慶乃川の家に行くと「すいませんでした!」と昨日、作品を貶したことを謝りました。

慶乃川「気にしんでええよ。もうな、焼き物はわかいもんに任せて田舎に帰ろうおもてん。」と笑いながら言いました。

そして、「ずっとな陶工やりながら陶芸家に憧れてた。陶芸家はお金になれへん。陶芸家になんかなったらあかんで。」と喜美子に言いました。

喜美子は「お金にならんことはしません!ほんまにすんませんでした!」と言う。そして、部屋にあった紙を貰って帰りました。

その日の夜、喜美子は慶乃川から貰った紙に鉛筆で何かを描き始めます。

読み書きできない喜美子にも得意なことが一つありました

スポンサーリンク

5話あらすじネタバレ

喜美子は夜中に慶乃川から貰った紙に絵を描き始め、絵を2枚ほど描くとそのまま眠ってしまいました。

翌朝、喜美子が起きると草間は喜美子の絵を見ていました。

「おはよう。」と喜美子に声をかけると、草間は喜美子の絵を褒め、喜美子は嬉しそうに笑みを浮かべました。

再び絵を描き始めた喜美子は、昼になり学校に行く時間になっても絵を描いていました。

・マツの呼びかけにも気づかないほどに夢中になって色を塗っていました。

夜になり、喜美子は大野の家で飲んでいた常治を迎えに行きました。

そこで陽子は思わず、喜美子が学校に行かなかったことを話してしまいます。

叱られるのでは

そう思っていた喜美子でしたが、ベロベロに酔っ払っていた常治は喜美子の頭を撫でて座り込んでしまいます。

「学校行かんかった!?ああ?どうでもええ。おなごに学問は必要ない。勉強なんかできなくてもかめへん。うちの家訓や。」

その夜、草間は自分とお嫁さんが写った結婚記念日の写真を1人悲しそうに見ていました。

翌日学校で、授業も聞かずに喜美子は夢中になって絵を描いていました。

「いつまで経っても読み書きできるようになりませんよ。」と先生に叱られるも、喜美子は「必要ないと言われています。お父ちゃんに。」と昨日、常治に言われたことをそのまま先生に反論しました。

家に帰ると喜美子は、草間、直子、マツに自分が作った紙芝居を見せます。

紙芝居と言っても、喜美子が描いた3枚の絵でした。

タヌキの絵、直子の絵、琵琶湖の絵を見せ、お辞儀をすると

「もう終わったん?」と直子は不満そうでしたが、マツは「上手やな~」と褒めました。

そこに常治が血相を変えて怒鳴り込んでくる。

「お前、学校で何言うた?丸熊の社長に笑われたがな!」

喜美子のクラスメイトで丸熊陶業のお嬢様・照子が社長に学校で喜美子が言っていた出来事を話していたようです。

昨日とは真逆に、「読み書きくらいできるようになれ!何の取り柄もないもん、勉強くらいできんくてどないすんねん!」と喜美子に叱るのでした。

すると草間は喜美子の絵を常治に見せ、取り柄があると伝えるのでした。

しかし、喜美子の絵を落書きだと言い、照子に勉強を教えてもらうように言うのでした。

喜美子はうしばらく黙ったまま悔しそうにうつむいていましたが

持っていた絵を地面に投げ捨て「ほな行ってくる!」と笑顔で照子の家へと向かうのでした。

常治に言われた通り照子の所に行く喜美子。

すると、信作の姿がありました。

信作も喜美子同様に呼びつけられていたようです。

教科書を持ってきた照子は「まずは理科の教科書から。」と理科の教科書を喜美子に読ませる。

喜美子は漢字が読めないので、照子に教わりながらたどたどしく読み始めます。

しかし、喜美子は教科書の内容がじゃがいもの育て方ということに気づくと「ウチ、じゃがいも育てるで!」と嬉しそうに大声で読みだしました。

喜美子は家に帰ると、マツから草間が出ていったことを知らされます。

草間は「喜美子の紙芝居の代金だ」と言って、少しのお金を置いて出て行ったのです。

「こんなん貰ったけど、読まれへんもんな?」

マツは草間から預かった喜美子宛の手紙を出しました。

「読める!水汲んでくる!」と手紙を取って喜美子は外に走っていきました。

草間からの手紙の内容にはこのように書かれていました。

きみ子様江

心に栄養をいただきました

有難う いつかまた

お逢ひ出来る日が來ることを

祈って さやうなら

草間宗一郎

しかし、漢字ばかりの手紙を喜美子はやはり読むことが出来ず

手紙を見ながら涙をこぼしました。

喜美子にとって、優しく、時に厳しく接してくれた草間との別れはとてもつらいものでした。

スポンサーリンク

6話あらすじネタバレ

草間がくれた手紙は漢字が多くて読むことができなかった喜美子だった。

水道も電気もなかった喜美子の家に電気がついた。さらに、常治お手製のお風呂もでき、喜美子はお風呂の温度を適切にするための焚火を行い、失敗していたが、いい湯加減にできるようになるまで上達した。

庭を耕して小さな畑も作った喜美子は、大根やサツマイモを作った。ある日、常治が出掛けると二人組の男性に声を掛けられる。常治は大阪で借金を作っていたのだ。常治は白を切って逃げて行った。

喜美子は冬休みを迎えようとしていた。喜美子はすっかり読み書きできるようになり、先生からも褒められていた。その様子を見ていた照ちゃんは喜美子に勉強を教えたお礼として、信作に書いた手紙を渡してもらうように伝えた。

信作は熱を出していたので、信作の母親に手紙を渡してもらうことにした喜美子。信作は手紙を見て、墓地に来てほしいと書いてあったため、熱があったが、すっぽかしたら逆に熱が上がりそうだと思いやって来た。

しかし、すぐに信作は帰ってしまう。喜美子が帰ったと伝えると、照ちゃんは寂しそうにしていた。今日は照ちゃんの兄の誕生日なのだ。照ちゃんの兄は戦争に行って帰ってこなかった。去年は、照ちゃんと信作は兄の誕生日に「おめでとう」を言っていたが、忘れてしまっていたことに照ちゃんは寂しそうな表情を浮かべた。

照ちゃんが手を合わせているのを見た喜美子は、一緒に手を合わせた。それを見た照ちゃんは嬉しそうだった。照ちゃんは昔、兄と彼女が木陰でいけないことをしていたと言い、真似をして喜美子にキスをした。

照ちゃんは喜美子と一緒にいて楽しかったから友達になってあげてもいいと伝えるが、相変わらず喜美子は「いらんわ」と言って去って行った。

喜美子が帰ると、常治を探していた二人組の借金取りがいた。マツと喜美子は戸惑っていた。そこへ信楽に向かっていた一人の男性がいた。

スカーレット,朝ドラ
スカーレットのキャスト相関図に出演者やゲスト一覧(朝ドラ)朝の連続テレビ小説、通称 朝ドラ2019年後期放送の「スカーレット」は、女性陶芸家の半生を描いたストーリーです。このドラマのキャストが決...

スポンサーリンク

スカーレット第1週の視聴率

第1週 20.2%

 

スカーレット第1週の感想

放送終了後に追記いたします。