同期のサクラ4話ネタバレ感想!引きこもりの蓮太郎をどう救う?

同期のサクラ

この記事では「同期のサクラ」第4話のネタバレ感想をお届けしています。

2019年10月30日(水)放送の高畑充希さん主演の「同期のサクラ」第4話。

主人公のサクラは前回、社史編纂室に飛ばされてしまいました。第4話では人事部に戻れるのか?仲間を救えるのか?ひじょーに気になりますね!

そこで今回は、「同期のサクラ4話ネタバレ感想!引きこもりの蓮太郎をどう救う?」と題して、「同期のサクラ」4話のネタバレ感想をまとめています。

この記事では「同期のサクラ」第4話のネタバレが含まれています。先に「同期のサクラ」第4話をみたい方は『Hulu』をご利用ください!

同期のサクラ4話ネタバレ

2019年夏、眠り続けて3ヶ月が経つサクラ(高畑充希)の病室に訪れた蓮太郎(岡山天音)は、サクラの手に残る傷痕を見ながら社会人4年目の出来事を思い出していた。その夜、両親がラーメン店を営む実家に帰宅した蓮太郎は、生き生き働く両親と店を手伝う大学生の弟の仲良し家族ぶりにすら嫌気がさしていた。翌日のコンペのための設計図作りにも行き詰まり、何もかもうまくいかない蓮太郎は、部屋にこもって仕事と家族への愚痴をネットの掲示板にぶつける。

スポンサーリンク

4年目の近況

2012年9月になり、社会人4年目のサクラ。2011年の震災の影響でサクラの故郷の美咲島に架ける橋の着工が延期になってしまった。

土木部に異動して故郷に架ける橋作りに関わりたいという夢は遠のいてしまったが、社史編纂室に飛ばされながらも、仕事にはいつも全力で取り組んできたサクラは一年ぶりに人事部に復帰することになる。

メンタルヘルスケアプロジェクト

再び人事部長の黒川とすみれの下で働くことになったサクラはメンタルヘルスケアのアンケートの回収を依頼される。

なぜメンタルヘルスケアプロジェクトをする必要があるかわからなかったサクラだったが必要性がわかり、早速メンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任され、ストレスチェックのアンケートを各部署にアンケートを回収しに向かう。

ますます絶好調で調子良く働く都市開発部の葵、密かにサクラに好意を抱きつつ震災以来ボランティアに力を入れている営業の菊夫、昨年の一件以来友人としてサクラを信頼しつつ広報での仕事にもやりがいを感じている百合と、同期の元を回っていくサクラ。

そんな中、設計部の蓮太郎は悩みは無いと言いながらもどこか苛ついている様子。社内コンペの準備で忙しいと話す蓮太郎だが、設計部の先輩と後輩から一級建築士の試験に落ちたことをおちょくられているのを見たサクラは、周囲に心を閉ざす蓮太郎が気にかかる。

翌朝、サクラはアンケートを回収するため蓮太郎を待ち伏せする。しかし、サクラと同期たちが自分の噂話をしているのを見た蓮太郎は、逃げるように立ち去ってしまう。

同僚の嫌がらせ

その日の午後、設計部の前で蓮太郎を捕まえたサクラは同僚たちがコンペの時間変更をわざと蓮太郎にだけ知らせなかったと話しているのをサクラと蓮太郎は立ち聞きしてしまう。

自分を笑い者にしている同僚たちの会話を聞いた蓮太郎は、悔しさから頭に血が上りそばにあったカッターを手に取って設計部に乗り込もうとする。そして、慌てて止めようとしたサクラを振り払おうとした時、誤ってカッターがサクラに当たってしまい手から血を流すサクラを前に動揺した蓮太郎は、なんとその場から逃げ出してしまうのだった。

蓮太郎の部屋へ

その日、蓮太郎の家を訪ねたサクラは、蓮太郎から「もう会社にはいかない」と聞かされ。設計の仕事は好きだが、プライドが高い上に傷つきやすく周囲に心を閉ざす蓮太郎。同期たちの力を借りて蓮太郎を説得しようとするサクラだが、無断欠勤を続ける蓮太郎にはクビが迫っていた。

同期の仲間と

サクラはいつもの喫茶店に蓮太郎以外の仲間を集めて、どうにか蓮太郎を説得しようと協力をお願いする。

菊夫と百合は同意してくれたが、葵は面倒くさいようでとりあえずサクラと菊夫と百合で蓮太郎の自宅へ向かう。

そして蓮太郎の部屋の前で蓮太郎に各々語りかけるのだ。

サクラが語りかける

蓮太郎に誰が掛け合っても返事もスマホで返ってくる始末。

サクラは出会った当初の話をして当時、サクラの島の橋の設計を何度も何度も書き直して素晴らしい設計をしてくれたと話し出す。

そして、遅咲きでもいいじゃないか!というのだった。

しかし連太郎は自分の設計はダメだって思っただろ?と言ってもう設計をやめるとコンペの資料を丸めて投げつけた。

その資料を拾い上げたサクラはこのまま部屋に引きこもってネットの中で愚痴ってそうやってずっと生きていけばいいと捨てゼリフを吐いて帰宅する。

自分の長所

その夜、じいちゃんからいつものFAXが届く。

蓮太郎のことをムカつくと送ってきたじいちゃんだが、「辛い時こそ自分の長所を見失うな」とのメッセージが。

そして、翌日来なければ首となってしまう蓮太郎。連太郎はその日も引きこもってテレビゲームをやっていた。

ふと携帯にサクラから大量の着信履歴が残されていることに気づく蓮太郎に百合から着信があり電話に出ると、サクラが設計部に乗り込んで行ったとの連絡が。

そして慌てて会社へ向かう蓮太郎。

到着すると同期がサクラの様子を見守っているところであった。

サクラは昨夜蓮太郎が投げ捨てたコンペの資料を設計部の部長に見るようにお願いしていた。

実は蓮太郎はサクラに見せて注文をつけられた箇所を訂正して新し資料を作っていたのだった。そしてその資料をみて仲間が各々の専門分野でのアイディアを出してまとめたものをサクラは設計部長に見てもらおうと必死になっていた。

部の人がサクラを追い出そうとしたその時、蓮太郎が部長の元へ。

そして一連の問題を謝罪するのだった。そしてまたもう一度働かせてください。とお願いしこと無きを得るのだった。

悪い知らせ

仕事熱心なサクラを褒める人事部部長の黒川。

いつか俺がサクラを希望の土木にいかせてやると言ってくれるのだったが、黒川はサクラの島に架ける橋の工事が無期限延期との知らせを受けショックを隠しきれないでいた。

 

スポンサーリンク

同期のサクラ4話ネタバレ感想

同期のサクラ4話のネタバレを含む感想を書いています。

4話ネタバレ感想

4話は蓮太郎がメインとなってストーリーが展開されていきました。自分のことを否定してばかりで自信が持てなくなってしまう気持ちってすごくわかります。そんな蓮太郎がそこまで追い込まれてしまっていたのを未然に気がつけてたら・・・なんて思ってしまいますね。

サクラは人を動かす力を持っているので確かに黒川部長の言うように人事部に骨を埋めても良いかもしれない!と思ってしまいますが、夢はかなってほしいですよね。

美咲橋の工事の無期限延期。再開はあるのでしょうか?いつあるのか気になりますね。

4話を見た人の感想

スポンサーリンク

私も毎週楽しみにしているドラマです。初回から泣きましたが、多くの人に勇気を与えたり言葉が胸に沁みたり、人との関わりの大切さを改めて教えてくれる素敵なドラマ。

涙する人も続出しているのがよくわかりますね!

同期のサクラ4話ネタバレ感想!引きこもりの蓮太郎をどう救う?まとめ

今回は「同期のサクラ4話ネタバレ感想!引きこもりの蓮太郎をどう救う?」と題して、同期のサクラの第4話ネタバレと感想記事をお届けしてまいりました。

クビの危機が迫る蓮太郎を救うことはできるのか?仲間五人が纏まることはできるのか?

ますます目が離せない展開となりそうですね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。