テレビ番組

同期のサクラ1話ネタバレ感想!新入社員サクラの1年目はどうなる?

同期のサクラ

2019年10月9日(水)から始まった高畑充希さん主演の「同期のサクラ」

「過保護のカホコ」スタッフが送る「同期のサクラ」ですが、主人公のサクラがどのように成長していくのか楽しみですよね!

今回は、「同期のサクラ1話ネタバレ感想!新入社員サクラの1年目はどうなる?」と題して、「同期のサクラ」1話のネタバレ感想をまとめています。

この記事では「同期のサクラ」のネタバレが含まれています。先に「同期のサクラ」第1話をみたい方は『Hulu』をご利用ください!

同期のサクラ1話ネタバレ

10年先に何があるの?


病院のベッドに横たわり、意識の戻らないまま人工呼吸器につながれた女性・北野サクラ(高畑充希)。知らせを受け彼女の元に駆けつけたのは、携帯にたった4人だけ連絡先が登録されていた会社の同期、百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)だった。
4人の思いは皆一緒だった「サクラのいない世界に生きていてもしょうがない」

夢のためには、決して自分の信念を曲げないサクラの言動は、組織を重んじる会社の中で、ウキまくるが、必死に東京のスピードについていこうとするようなその姿は、同期たちの心を変えていくのであった。そんなサクラと同期たちの10年間が始まる。

スポンサーリンク

入社式

入社式に建物の写真を撮っていたら夢中になってギリギリになってしまう。

手をあげるサクラ「質問いいですか?」と社長へ。

話が長いこと、スピーチの言い間違いなどを指摘して社長を困惑させてしまう。

しかし、人事部長の黒川(椎名桔平)が見事なフォローでざわついた空気が戻る。

そして、入社式終了後に新人研修の課題が課される。グループ分けされており5人1組となって課題に取り組む。

サクラは班のリーダーとなっていて、帰りがけに班のメンバーの名前を呼びメンバーを集め、帰りがけに5人は親睦会をすることに。

5人の親睦会

3週間の新人研修の最終課題として配属先の決定に影響する「日本の未来に残したい建造物の模型作り」が発表され、サクラは班のリーダーに選ばれる。

同じ班になったのは、クールながら場の空気を読む百合、社長を目指す野心家の葵、応援部出身でアツい菊夫、そしてネガティブ思考の蓮太郎。

志望部署の話となると、百合は広報が希望、蒼は社長志望、連太郎は設計志望、菊夫はなんでもいい!と話す。

4人を親睦会に誘ったサクラは志望部署を尋ねられ、故郷の離島に橋を架ける仕事に関わるため、どうしても“土木部”に入りたいのだと自分の夢を語る。

そんな4人に対し、サクラは素敵です!と自分の意見をストレートに伝えていく。

そして4人からあなたはどこ志望なの?と聞かれサクラは土木に配属を希望していることを皆に告げる。

模型作りの打ち合わせ

翌日から、サクラたちは人事課の火野すみれ(相武紗季)の指導で、ビジネスマナーや現場研修など新人研修を受ける。

現場研修でクタクタになったあとではあったが課題の模型作りの打ち合わせをしようと持ちかけるサクラ。皆は嫌々ながらも打ち合わせに参加することに。

しかし、なかなか意見はまとまらない。

そんな中、サクラは祖父・柊作(津嘉山正種)の島に橋をかけたいと言い出す。

そして、デザインを描いてきたとスケッチブックを見せると・・・

絵心のないサクラの描いた橋が書かれていた。

そして設計志望の連太郎がサクラの意見を着てデザインを書き上げてくるが中々サクラはうんと言わない。

でもサクラが気に入った橋のデザインとなった時に笑顔を見せるサクラ。

スポンサーリンク

休日に集まる5人

橋を作ったが、島がないとダメだと言い出すサクラ。

4人は土曜日だし休みたそうだが、1番を取るために協力することに。

そして休日の表参道で買い物をしつつカフェで過ごす。

そんな中、またもや島に架かる橋を作っても車や人がいない!と言いだし、
買い物に走り出すサクラを4人は慌てて追いかける。

そして、何だかんだで島に橋をかけたいのか?

橋をかけたいことにこだわるサクラに百合は尋ねる。

するとサクラは昔両親が台風の時に亡くなったことを話す。もし島に橋があれば両親は亡くならずにすんだのかなとサクラは自分の思いを伝える。

ブチギレる百合

橋が無事に完成したと思ったら、橋が雪の重さに耐えられないと言い出すサクラに我慢の限界になった百合がぶちぎれる。

仲間だと思ってもいないし、ただの同期入社ってだけだから!

と激しく口撃する百合。

圧倒されるサクラ、そして怖気付く男性陣も百合に同調する様子。

サクラは「また明日」と言わずその場を去り帰宅する。

スポンサーリンク

模型設計発表会

サクラはその場にいなかった。そこに審査のため人事部のすみれや黒川が社長と回ってきた。

そして、葵はサクラがいないことを尋ねられると「昨日から体調が悪そうで」とその場を取り繕う。

そして仕上げた橋について語る葵だが、重さに耐えることができるか黒川が尋ねると戸惑い出すメンバーたち。そして、黒川は橋を押すと橋が重さに耐えられないことがわかる。

そんな時、サクラが現れる。

しかも重さに耐えられる橋を完成させて登場するのだった。そして社長賞は自分たちだと思ったサクラたち5人。

しかし社長賞に選ばれたのは別の班だった。

がっかりするメンバーを横目にサクラは社長に対し、なぜF班を選んだのか尋ねる。
そして続けさまにサクラは「F班は社長が過去に手がけたものに近くて社長が好みそうなものを作っただけだ」と言い放つ。

そんなサクラにさすがの黒川も自分の班が選ばれなかったからってそういうことは言うもんじゃない!と注意するが・・・

サクラはA班の保育園の作品が賞にふさわしと思うと発言する。

人事部へ配属されることに


課題も終わってから、とうとう配属先が発表される朝がやってくる。土木を希望しているサクラはFAXに声をかけて会社へと向かった。

そしてついに配属先の発表が行われた。

班の皆が自分の希望する配属先へ決まる中、サクラの名前は呼ばれない。

そして、黒川から「北野サクラ、君はクビだ!」と言う。

と言うのは冗談ではあったが、配属先は人事部で預かることにすると言われ、希望の土木への夢が叶わなかった。

落ち込む様子のサクラに、希望の部署に決まった4人は気まずそうにサクラに声をかける。

そしてサクラは「諸君!」と呼び止める。

「私には夢があります。故郷の島に橋をかけることです。」
「私には夢があります。一生信じ合える仲間を作ることです。」
「私には夢があります。その仲間とたくさんの人を幸せにする建物を作ることです。」

「それだけは諦められないので」「私は自分にしかできないことをやります!」

自分がやるべきことをやるだけと、いつも通り「じゃあ、また明日」と言って帰っていく。

スポンサーリンク

同期のサクラ1話ネタバレ感想

同期のサクラ1話のネタバレを含む感想を書いています。

同期のサクラ1話ネタバレ感想

個人的な感想としてはすごく良いドラマでした。

と言うのも最初に病室で眠っているシーンは現在でドラマ自体は過去へ遡り10年前から1年ずつ1話が進んでいくと言うもの。

サクラの振る舞いに戸惑う同期の仲間たちだが、現在の病室のシーンに戻って仲間が過去を振り返りながら言葉をかけるシーンにはジーンときてしまいました。

自分の芯を持って少し周りからは浮いているサクラだけど一生懸命な姿が高畑充希さんの演じるサクラから伝わってきました。

また、配属先が決まったサクラがこれからどのように成長していくのか?非常に楽しみなドラマになりそうです!

スポンサーリンク

同期のサクラ1話を見た人の感想

スポンサーリンク

ラストのシーンにジーンときたのは私だけではなかったようです。

森山直太朗さんのサクラのせいかもしれませんが、ラストの言葉は胸に響くものがありましたね。

また、病室で寝ているサクラについて脳挫傷の原因はサクラの夢である島への橋づくりでの事故ではないか?なんて言う考察もありました。

さあ次週はどんなサクラが見られるのか楽しみですね。

同期のサクラ1話ネタバレ感想!まとめ

今回は、「同期のサクラネタバレ1話感想!新入社員サクラの1年目はどうなる?」ということで10月9日(水)からスタートした「同期のサクラ」1話のネタバレと感想、についてまとめてみました。

サクラの1年1年の成長が楽しみですね!

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました。