テレビ番組

俺の話は長いの主題歌は関ジャニ∞決定で「友よ」はいつ発売する?

俺の話は長い,生田斗真

2019年10月12日土曜からスタートする新ドラマ「俺の話は長い」

主人公・岸部満を演じるのは生田斗真さんです。

平成から令和へと時代が移り変わった現代の家族や生きることについてスポットライトが当たっています。

30代のニートとその家族が繰り広げるコメディホームドラマです。

今回は、「俺の話は長い」の主題歌は誰で曲名や発売日はいつなのかまとめました。

俺の話は長いの主題歌は関ジャニ∞「友よ」


生田斗真さん主演のドラマ「俺の話は長い」の主題歌を歌うのは、人気グループの関ジャニ∞に決定しました。

主題歌の曲名は「友よ」です。
関ジャニ∞のメンバーにとって生田斗真さんは、「大切な友」として言われており、生田斗真さんも関ジャニ∞のメンバーとは長い付き合いだとしてお互いに尊敬している様子がうかがえます。

今月末でジャニーズ事務所を引退する錦戸亮さんが脱退後、初めての5人体制で歌を披露します。
どんな歌に仕上がっているのでしょうか。

正解が一つではないこの時代を一緒に生きる友に向けて、関ジャニ∞の力強い楽曲に仕上がっています。
どれだけ挫折をしても、何度でも這い上がることが出来るような応援歌となっています。

スポンサーリンク

俺の話は長い主題歌の発売日はいつ?

同じ時期に放送されたドラマの過去の主題歌の発売日を比較してみました。

・2016年「THE LAST COP/ラストコップ」
→BLUE ENCOUNT『LAST HERO』11月23日発売

・2017年「先に生まれただけの僕」
→嵐『Doors~勇気の軌跡~』11月8日発売

・2018年「ドロ刑ー警視庁捜査三課ー」
→Sexy Zone『カラクリだらけのテンダネス』12月5日発売

10月に開始されるドラマの主題歌は、大体放送開始から1ヶ月後に発売されています。

今回の主題歌も、もしかしたら11月上旬から12月上旬にかけて放送されるのではないかと思われます。

主題歌の発売日に関してはまだ未定なので、これからが楽しみですね。

スポンサーリンク

俺の話は長い主題歌に対して生田斗真の反応は?

生田斗真さんと関ジャニ∞は、舞台は違えど、同じジャニーズアイドルとして共に活躍されています。

戦友同士で、親友のような仲。

今回の主題歌は、関ジャニ∞から生田斗真さんに向けてのエールを送ったような歌に仕上がっています。

そして、今回の主題歌決定に生田斗真さんも、関ジャニ∞に向けてエール返しをしています。
錦戸亮さんの脱退後、新生・関ジャニとして「俺の話は長い」の主題歌を担当することが決まり、生田斗真さんにとって長い付き合いになる関ジャニ∞に、音楽を通してバックアップしてくれることを心から嬉しく思っているようです。

今回の主題歌は、錦戸亮さん脱退後、5人の新生・関ジャニ∞として曲が披露されるのですが、錦戸亮さんが関ジャニ∞を引退しても、関ジャニ∞への想いは当時とは変わることはありません。

関ジャニ∞と共に錦戸亮さんも、生田斗真さんの事を大切な親友として応援されています。
関ジャニ∞のメンバーとは別々の道を歩むことになった錦戸亮さんからの想いも、子の主題歌にのせて歌われているのではと思います。

進むべく道は違っても、お互いの固い友情が揺らぐことはないようです。

主題歌「友よ」を聞くことで、聞いた人皆さんにどのように感じてもらえるか、友情の歌または聞く人が元気になってもらえるように作られた応援歌としても、ドラマと共に伝わっていくのではないでしょうか。

そんな熱い思いが込められた主題歌は、聞いていて前向きな思いになるのではないかと思います。

主題歌のタイトル「友よ」は、お互いの友情の証ともなる素敵な楽曲を期待することが出来るのではないでしょうか。

スポンサーリンク

俺の話は長いの主題歌は関ジャニ∞決定で「友よ」はいつ発売する?まとめ

今回は、「俺の話は長いの主題歌は関ジャニ∞決定で「友よ」はいつ発売する?」と題してお届けしてきました。

生田斗真さん主演「俺の話は長い」は、コメディホームドラマなので、主題歌も明るい曲調なのではないかと予想されます。

前向きで明るい曲調の歌からは、関ジャニが生田斗真さんへ向けて送るエールとしても思いが込められているのではないでしょうか。

そして、今年9月で関ジャニを卒業される錦戸亮さんの想いも、一緒に込められた主題歌だと思います。

進むべく道が変わっても、決して変わることがないお互いをリスペクトする気持ちも、ドラマと歌を通して多くの人の心に伝わるのではないでしょうか。

聞くだけで明るい気持ちにさせられる関ジャニの最新主題歌のオンエアには期待が膨らみます。

お互いの友情の証としても作られている「友よ」は、どのような歌に仕上がっているのか、今から楽しみです。