秋ドラマ2019

ニッポンノワール考察!犯人は誰で黒幕の目的は?謎多きドラマ結末は?

ニッポンノワール

賀来賢人さん主演の日テレ日曜アンストッパブルミステリードラマ「ニッポンノワール 刑事Yの反乱」がこの秋からスタートします。

原作なしのオリジナルストーリーで、「3年A組」の武藤将吾さんが脚本を務めます。

ドラマが始まる前から犯人や黒幕・真犯人などがいったい誰なのか気になる人も多いのではないでしょうか。

今回は「ニッポンノワール考察!犯人は誰で黒幕の目的は?謎多きドラマ結末は?」と題して、ニッポンノワールの犯人の考察に黒幕についてまとめました。

 ニッポンノワール考察

考察①オープニングの手は?

1話冒頭に流れたオープニング映像には、何かを意味しているのか謎の描写が隠されているように感じます。

その一つに、迫る右手があるのですが、この手はもしかしたら犯人の手なのかともとらえることが出来ます。

もしそうであれば、犯人の性別が分かるのではと思われます。

考察②碓氷薫の死

主人公・遊佐が目覚めると、手には拳銃、隣には銃殺された碓氷薫の遺体がありました。

薫の死亡推定時刻がおとといの夕方と断定されることから、死体の薫と丸1日一緒にいる計算になります。

警察官の銃(M360サクラ)が凶器で、遊佐にはアリバイがないことから容疑をかけられてしまいます。

薫は、死の直前まで10億円事件を追っていました。
そして、遊佐の部屋の戸棚から、薫殺しに使われた拳銃と10億円事件の犯行計画書が出て来るのでした。

スポンサーリンク

考察③清春の記憶喪失

山小屋で目を覚ました遊佐清春は、3ヶ月間の記憶をなくしており、隣でなくなっていた女性が、上司だという事も分かりませんでした。

薫が遊佐の上司になったのも、ちょうど3か月前でした。

遊佐は碓氷薫と出会った時から現在までの3ヶ月間の記憶を全て失ってしまいます。

遊佐が記憶を失ったのはどうしてなのか。

そして、本当に遊佐は記憶をなくしているのでしょうか。

考察④薫の息子克喜

殺された薫の息子・克喜が現れます。

遊佐は宮城遼一に「薫と寝た」と話しているようですが、もしかしたら克喜は2人の子供なのではといった説が濃厚に話題になっています。

そして、克喜は薬を服用しているのですが、何かの病気があるようです。
克喜の病気が今後どのような展開を繰り広げるのかにも注目です。

もし、2人の子供であるなら、薫殺害事件と10億円強奪事件の真相は、克喜の病気を治すための治療費に使われるためだったのではとも考えられます。

考察⑤遊佐清春の過去

遊佐は生まれた時に母親を亡くし、父親からは「人殺し」「家畜の豚」などと馬一にのように罵倒され、激しい虐待を受けて育ってきました。

高校時代についに爆発した遊佐は、父親を暴行し、家を飛び出しました。

生きるために、明日を掴むために自力で這い上がって現在に至ります。

刑事としては、「警察官に向いていない」と言われるほどの嫌われ者。

半グレ集団ベルムズの元リーダー・喜志をこき使う関係性についても謎に包まれています。

主人公としての立ち位置でありながらも、黒幕なのではと思われるほどに謎に包まれた遊佐。

彼の謎はこれから少しずつ解き明かされていくのでしょうか。

スポンサーリンク

ニッポンノワール考察!犯人や黒幕は誰?

捜査一課長の南武(北村一輝)

個人的に、犯人役をしそうな俳優さん…
しかし、怪しそうに見せかけて実はいい奴!!
なんて展開も…
裏の裏を読んでしまい、返って分からなくなってしまいます。

捜査一課長と言う経歴を持ちつつも、キャリアのない苦労人でもあります。

敵なのか、味方なのかが全く予想着かないところからも犯人説として有力な候補に挙がっています。

公安の才門(井浦新)


警察の中でも特にパワフルな刑事。
遊佐の指導係としての経歴を持っていることからも、もしかしたら裏で操っているのではという事で、黒幕説が言われています。

スポンサーリンク

遊佐清春(賀来賢人)

どうして記憶をなくしたのか、3ヶ月間の記憶の中に犯人が誰なのかを知る有力な情報があるのではないでしょうか。

犯人を捜しているようで、実は自分が犯人だという事を記憶喪失によって忘れられているのではないかとも思われます。

記憶喪失と言うのも、もしかしたら本当ではないのかもしれませんね。

ニッポンノワール考察!犯人は誰で黒幕の目的は?謎多きドラマ結末は?まとめ

今回は「ニッポンノワール考察!犯人は誰で黒幕の目的は?謎多きドラマ結末は?」と題して、ドラマ「ニッポンノワール」の考察から犯人や黒幕を予想して見ました。

主人公・遊佐清春を中心にいろいろなストーリーが展開されていくのではと思います。

謎解きを楽しみに、今からどんどん盛り上がっていくことでしょう。

いろいろな想像を膨らませながら、犯人を捜していく楽しみがありますね。

どんな展開を繰り広げるのか分かりませんが、話題作になるのは間違いありませんね。