ニッポンノワール原作!あらすじや脚本家の傾向から最終回の結末を予想

ニッポンノワール

この記事では、ニッポンノワール原作!あらすじや脚本家の傾向から最終回の結末を予想

10月より毎週日曜22時からスタートの日テレ系ドラマ「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」
今回はこちらの原作情報と、最終回の結末予想をお届けしたいと思います。
ミステリアスな刑事ドラマとなる本作ですが、いったいどのような内容で、どのような結末になるのでしょうか?

あらすじや脚本家の傾向から皆さんと一緒に考察していければと思います!

ニッポンノワールを今すぐ無料視聴する!

ニッポンノワール原作


今までにない規格外の刑事ドラマとして10月より放送される「ニッポンノワール」ですが、原作はあるのでしょうか?

調べたところ、「ニッポンノワール」には原作はなく、オリジナルドラマだということが判明しました。

公式サイトでも謳っている通り、今までの刑事ドラマの常識を覆す、予測不能のアンストッパブル・ミステリーである今作は、日本テレビが総力をあげて作るオリジナルドラマになります。

スポンサーリンク

ニッポンノワール原作はオリジナル!あらすじは?


ニッポンノワールのあらすじは、

叩き上げでのし上がった捜査一課の敏腕刑事・遊佐清春(刑事Y)がある日突然森の中にある山小屋で目を覚ましますところからストーリーが始まります。

遊佐が目覚めると、隣りには遊佐の上司である女性刑事(碓氷薫)の亡骸がありました。
そして遊佐の手には、拳銃が握られており、なぜか数か月分の記憶がありません。

自分が碓氷薫を殺したのか、それとも何者かにハメられたのか分からなくなった遊佐は一夜にして容疑者となりますが、独自に捜査をはじめていきます。そして事件は未解決の「十億円強奪事件」へと繋がっていきます。

自分が犯人なのかそうでないのか分からぬまま、刑事である遊佐は捜査をはじめ、事件はやがて未解決の「十億円強奪事件」へと繋がっていく。

そして女性刑事を殺したのは誰なのか?また事件の発端となった十億円を奪ったのは誰なのか?一つの真実へ向かって物語は動き出す。

それは、疑いと裏切りが横行する世界で、独りの刑事が巨悪に反乱を起こす一人の刑事の戦いの物語です。

スポンサーリンク

ニッポンノワールの脚本家


今回、オリジナルドラマとして制作される「ニッポンノワール」ですが、その脚本を務めるのは武藤将吾さんです。

脚本家の武藤将吾さんとえいば、菅田将暉さん主演で大ヒットした「3年A組-今から皆さんは、人質です-」や「電車男」、「テルマエ・ロマエ」などの脚本を書かれています。

今回「ニッポンノワール」は話題と数字ともにヒットした「3年A組-今から皆さんは、人質です-」の製作陣(スタッフ)で制作されることもニュースとなっていますが、武藤将吾さんもその一員になります。

皆さんも一度はみたことがある作品を多く手がけていらっしゃる脚本家でいらっしゃいますね。

スポンサーリンク

ニッポンノワール最終回結末予想!無事に真犯人を見つける

さて、ここからが本題、「ニッポンノワール」の結末はどうなるのか?
現在発表されているあらすじを元に予想を立ててみました!

もしかしたら予想が当たルカはわかりませんが、あくまで個人の予想として書かせていただきます。

まずは、遊佐清春は容疑者になるが悪を倒すために真実を見つける。

遊佐清春は、警察組織と外部とが複雑に絡み合う未解決事件「十億円強奪事件」の真相を見つけた。
だが、それには巨悪な組織と癒着がからんでいて、真実を隠すため、遊佐は容疑者として仕立てられた。
しかし元々敏腕刑事の遊佐はその素質から記憶を失ってもなお、事件の真相へ向けて動き、かつで自分が見つけた真実の行方を追って再び見つける。
そして、記憶をなくす前と同じく、その真実から悪をみつけ、立ち向かい、すべての真相を暴き、晴れて容疑者ではなくなり、勇敢な一人の刑事として警察社会の中で歩んでいく。

ニッポンノワール最終回結末予想!清春が犯人

遊佐が実は碓氷薫を殺し「十億円強奪事件」の張本人

遊佐は、「十億円強奪事件」の謎を追っていた上司・碓氷薫を抹殺しようと動き、殺す。しかし、そのことによって「十億円強奪事件」の真相が明るみに出てしまっては困るので、自分があたかも容疑者またはハメられた張本人として善の方に立ち、実際は裏社会で生きる刑事で隠ぺいをたくらんでいた。
そのため、記憶喪失もこの「十億円強奪事件」を謎のままにするために行った芝居だった。
遊佐は自分の刑事としての特権を活かし、事件を未解決のままにして、ノワールの世界で生きていく。
謎を知っているのは遊佐(刑事Y)のみ。
他、真実を知るものはすべて消し去った。

スポンサーリンク

ニッポンノワール最終回結末予想!すべては謎

想像を超える結末。遊佐が犯人なのかそれとも違うのかは問題ではなく、それを超える予想できない何かを知ってしまう結末。

ここまで予想を立ててお伝えしていきましたが、最後はやはりこれ。

今までにない刑事ものミステリーと謳っている今作だからこそ、我々の想像を超えた結末となります。
今の時点で色々な予想をすることが可能ですが、やはりそれさえ当てはまらないラスト、それこそ最後に予想するラストです。

遊佐を取り巻く警察署の面々も何か秘密を抱えていたり、碓氷には息子の存在があったりなど、登場人物の様子を見ると、想像できない過去や秘密、陰謀などがたくさん渦巻いているように見受けられます。
それがどのように絡んでくるのかは分かりませんが、事件の真実には確実にこれらの要素のなにかがあるはずです。

ニッポンノワール原作あらすじ!脚本家の傾向から最終回の結末を予想

以上、今回は「ニッポンノワール」のあらすじをおさらいしつつ、原作情報や脚本家の情報を交えて、まだ見ぬドラマのラストの結末を予想してみましたが、いかがでしたでしょうか?

楽しんでいただけましたでしょうか?

真実は、10月より放送の日テレ系ドラマ「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」をご覧ください!

ニッポンノワールを今すぐ無料視聴する!