ドラマ

原田知世主演スナックキズツキ原作はある?ネットの反応は?あらすじに脚本も!

スナックキズツキ,原作,ネット,反応,あらすじ,脚本,原田知世,小説,漫画,益田ミリ

この記事は「原田知世主演スナックキズツキ原作はある?ネットの反応は?あらすじに脚本も!」についてお伝えします。

テレビ東京系ドラマ24枠で10月8日から放送予定のドラマ『スナックキズツキ』原田知世さんがテレビ東京初出演、さらに初主演ということで注目されています。

ドラマ24枠からは『孤独のグルメ』シリーズや、『バイブレイヤーズ』シリーズなど数々の名作が生み出されており、シリーズ化の期待も高まりますね!

そこで今回は「原田知世主演スナックキズツキ原作はある?ネットの反応は?あらすじに脚本も!」と題して、『スナックキズツキ』に小説や漫画などの原作があるのかを調査してみました。
また、あらすじや脚本についてとネットの反応も集めてみました。

スナックキズツキに原作はある?

『スナックキズツキ』に小説や漫画などの原作があるのでしょうか?

スナックキズツキは人気コミックが原作

『スナックキズツキ』は、益田ミリさんの同名コミックが原作となっています。

『スナックキズツキ』は、益田ミリさんが7年ぶりに描き下ろし、2021年1月28日にマガジンハウスから発刊されました。

原作者益田ミリさんってどんな人?

原作者の益田ミリさんは大阪出身の漫画家さんで、さらにイラストレーター、エッセリストでもあります。

益田ミリさんが漫画家デビューは2001年に『OLはえらい』という作品です。

その後、2006年に幻冬舎から発行された『すーちゃん』が大ヒット、2013年には『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』のタイトルで映画化されています。

また、ファッション雑誌『an・an』で連載中の『僕の姉ちゃん』は、同じくテレビ東京系で2022年に黒木華さんと杉野遥亮さんでドラマ化される予定です。(Amazon Prime Videoにて9月から一挙先行配信されています)

『スナックキズツキ』を描こうと思った理由について、発刊当時、益田ミリさんは次のようにコメントされていました。

「傷つき、くたくたになって帰宅する夜は誰にだってあるもの。家に帰ったからといって傷が癒えるわけでもなく、帰宅後も悶々とし続けるであろう自分を想像すると気が滅入ります。そんなときに、ふらっとひとりで立ち寄れるような場所を漫画の中に作りたかったんです。傷ついた人たちだけがたどり着ける店。それが『スナック キズツキ』でした」

引用元:ananweb

また、今回のドラマ化について益田ミリさんはこんな風に思っていらっしゃるようです。

『スナック キズツキ』は傷ついた人しかたどり着けない不思議なスナックです。

主演のスナックのママ役が原田知世さんと伺ったときは、「あんなことや、こんなことを演じてくださるなんて!」と驚いたと同時に、素敵なドラマになることを確信しました。

引用元:テレ東リリ速

原作コミックは短いお話なので、ドラマとしてはどうなのかな?と思っていたのですが、益田ミリさんが素敵なドラマになることを確信されているのであればそこは心配ないですね!

スポンサーリンク

スナック キズツキあらすじ

『スナックキズツキ』は1話完結のオムニバスストーリーです。

家庭のこと、職場のこと、恋人とのこと…誰もが傷を抱えている。そんな傷ついた人がたどり着くちょっと変わったお店、それが“スナック キズツキ”。客を出迎えるのは、これまたちょっと変わった店主のトウコ。この“アルコールを置いていないスナック”で、温かい飲み物と、美味しい料理、そして歌ったり…日々ため込んでしまいがちなちょっとした「キズ」をスナックのママ・トウコと一緒に発散!このドラマを見れば、あなたも『スナック キズツキ』を訪れたくなること間違いなし。

引用元:テレ東リリ速

ざっくり言うと、主演の原田知世さんが演じるトウコが店主のスナック キズツキは、訪れる傷ついた人を癒してくれる、そんなドラマのようです。

1話はネットで試し読みが可能だったので読んでみたのですが、コールセンターに働く女性の心情に思わずプッとなってしまいました。
妙なリアル感に益田ミリさんは経験あるんだろうかと思ったほど。

そんなストレスを抱えたお客はトウコさんにのせられてつい歌っちゃうんですよね。
私も歌ってみたい!そう思わせるドラマに仕上がっているのではないでしょうか・・・。

スナックキズツキの脚本は誰?制作スタッフは?

今回脚本を担当するのは佐藤久美子さんと今西祐子さんです。
佐藤久美子さんは『釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助』シリーズや『世にも奇妙な物語』シリーズ、『リスタートはただいまのあとで』などを担当しています。


また、映画監督でもある今西祐子さんはドラマ『新米姉妹のふたりごはん』『居酒屋ふじ』で脚本を担当、映画『きみとみる風景』『ミゾロギミツキを探して』『BOY』では監督・脚本を担当しています。

一方制作スタッフでは、チーフプロデューサーの阿部真士さん『鈴木先生』『孤独のグルメ』『三匹のおっさん』『シェフは名探偵』

プロデューサーの濱谷晃一さんは、『おじさまと猫』『バイブレイヤーズ』『きょうの猫村さん』『アノニマス』『コタキ兄弟と四苦八苦』など、テレビ東京の数々の名作ドラマに携わっていらっしゃいます。

これは、間違いなくテレビ東京を代表するドラマになるのではないでしょうか!
濱谷晃一さんのTwitterからは撮影が順調に進んでいることが伺えて期待度がアップしてきます!

スポンサーリンク

スナックキズツキネットの反応は?原作ファンは!?

原作ファンの多い『スナックキズツキ』ですが、ファンは今回のドラマ化をどのように思っているのでしょうか?

益田ミリさんの漫画はのんびりした画風そのままに、心が暖かくなりました。僕の姉ちゃんもドラマ化されるんですよね。 原田知世さんが主演することを知ってから原作を読んだので、原田知世さんのイメージで読みました。なかなかいいキャスト!楽しみです。
コロナ禍にぴったりなスナックだなと思って読みました。自分はお酒を飲みに行って嫌なことを忘れるタイプではないのですが、お酒がなくても自分の話を聞いてくれる場はほしいですよね。こんな店あれば行く!と思っていたところへドラマ化の情報が!原田知世さんが主演するって聞いて凄く楽しみです。
原作も読んでないし、まだ観てないのに、もうこのスナック行きたいです。
原作を読んでとても癒されました。ドラマ化されてこの世界観がどう表現されるのか期待もあり、がっかりしなきゃいいなと心配でもあります
どんなお客様にもいつも変わらず同じスタイルで接しているトウコさんがすごくかっこよくて憧れます。原田知世さんが演じると聞き、ぴったりのような・・・ちょっとイメージではないような・・・でも、どちらも受け入れます!

原作者の益田ミリさんは女性人気が高く女性のツイートが多く見られました。
そんな原作を読んだというファンの方々はドラマ化について否定的な意見は持っておらず、ドラマを見るのを楽しいにしているようです。

皆さん、スナックキズツキがあったらいいなって思っており、実写化されることをとても楽しみにしています。
アルコールが置いていないって言うのもいいですよね!私もお酒はちょっと苦手なので、お酒を飲まなくても疎外感を感じなくていいななんて思っちゃいました(苦笑)

スポンサーリンク

原田知世主演スナックキズツキ原作はある?ネットの反応は?まとめ

今回は「原田知世主演スナックキズツキ原作はある?ネットの反応は?あらすじに脚本も!」と題してお届けしました。

ドラマ『スナックキズツキ』は益田ミリさんの同名コミックが原作になっていました。

現在、原田知世さん以外の出演者は発表されていませんが、原田知世さん以外はほぼスナックを訪れるお客様なのでゲスト出演になりますよね。

プロデューサーの濱谷晃一さんがゲスト出演者について「やばい。 スナック キズツキ のゲストが僕好み過ぎる( ´∀`)」とツイートしており、濱谷晃一さんの好みのゲストを早く見たいと思っています。
また、新しい情報が入り次第お伝えしたいなと考えていますので、一緒にドラマを楽しみましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。