箱根駅伝2020予選会結果速報と予選突破10校はどこ?注目選手も!

箱根駅伝,予選会,2020,結果,速報

この記事では、箱根駅伝2020予選会結果速報と予選突破10校はどこなのか?注目選手についてまとめています。

箱根駅伝2020への出場校を決める予選会は10月26日(土)、東京都立川市の昭和記念公園で行われます。

近年稀に見る激戦を制し、本選へ出場するのはどのチームなのか?

ここでは、箱根駅伝2020予選会の結果を報告します。2019年大会の結果や注目選手についても調べてみました。

箱根駅伝2020予選会結果速報(大学別)

箱根駅伝2020予選会終了後に追記予定です。

順位 大学名 総合タイム
1 東京国際大学 10:47:29
2 神奈川大学 10:50:55
3 日本体育大学 10:51:09
4 明治大学 10:51:42
5 創価大学 10:51:43
6 筑波大学 10:53:18
7 日本大学 10:54:29
8 国士舘大学 10:55:21
9 早稲田大学 10:55:26
10 中央大学 10:56:46

↑ここまでが、予選通過

11 麗澤大学 10:57:12
12 駿河台大学 10:58:44
13 上武大学 11:00:16
14 専修大学 11:01:57
15 城西大学 11:02:27
16 東京農業大学 11:05:05
17 山梨学院大学 11:06:14
18 大東文化大学 11:06:22
19 流通経済大学 11:10:57
20 東京経済大学 11:16:21
21 武蔵野大学 11:16:28
22 亜細亜大学 11:19:52
23 立教大学 11:23:49
24 明治学院大学 11:24:26
25 日本薬科大学 11:25:34
26 関東学院大学 11:27:13
27 慶應義塾大学 11:28:47
28 桜美林大学 11:30:55
29 平成国際大学 11:38:29
30 育英大学 11:49:54
31 芝浦工業大学 11:50:16
32 東京大学 11:53:54
33 東京理科大学 12:05:05
34 一橋大学 12:05:44
35 帝京平成大学 12:09:27
36 学習院大学 12:16:06
37 東京工業大学 12:28:15
38 東京工業大学大学院 12:33:06
39 東京学芸大学 12:34:25
40 防衛大学校 12:40:17
41 東京大学大学院 12:45:52
42 上智大学 12:49:52
高崎経済大学

スポンサーリンク

箱根駅伝2020予選会突破10校

ここでは箱根駅伝2020予選会で見事予選突破した10校を順位ごとに表にまとめています。

箱根駅伝2020予選会終了後に追記します。

予選会順位 予選突破大学名 出場回数 総合優勝回数
1 東京国際大学 4回 0回
2 神奈川大学 51回 2回
3 日本体育大学 72回 10回
4 明治大学 61回 7回
5 創価大学 3回 0回
6 筑波大学 61回 1回
7 日本大学 89回 12回
8 国士舘大学 48回 0回
9 早稲田大学 89回 13回
10 中央大学 93回 14回

スポンサーリンク

箱根駅伝2020予選会結果個人成績

箱根駅伝2020予選会の個人の結果についてまとめています。

箱根駅伝2020予選会終了後に追記します。

順位 選手名 大学名 タイム
1 L.キサイサ 桜美林大学 1:01:01
2 ヴィンセント 国士舘大学 1:01:37
3 ヴィンセント 東京国際大学 1:02:23
4 C.ドゥング 日本大学 1:02:33
5 伊藤達彦 東京国際大学 1:02:34
6 荻窪寛也 城西大学 1:03:12
7 米満怜 創価大学 1:03:19
8 J.ブヌカ 駿河台大学 1:03:26
9 手嶋杏丞 明治大学 1:03:28
10 B.ムルア 山梨学院大学 1:03:38

 

箱根駅伝2020予選会注目選手

箱根駅伝2020予選会で注目される選手を上げてみました。

●鈴木創士(早稲田・1年)29分35秒88

高校駅伝、都道府県駅伝に出場し、世代トップクラスのタイムを記録している鈴木創士選手。1年生ながら10000mで結果を残しており、スタミナは十分。ハーフでも好成績を残し、予選通過に貢献してくれると思っています。

●イェゴン・ヴィンセント(東京国際・1年)28分04秒55

4月に日本に来日した留学生イェゴン・ヴィンセント選手は、メキメキと力をつけ、全日本大学駅伝の関東地区選考会では、個人1位となり、チームの初出場の原動力となりました。
出場してくれば、桜美林のレダマ・キサイサ選手(4年)、国士舘のライモイ・ヴィンセント選手(2年)ら、留学生同士のトップ争いで記録を伸ばし、3年連続の予選突破に貢献してほしいところです。

●舟津彰馬(中央・4年)28分35秒07

駅伝部主将としてチームを引っ張る舟津彰馬選手。得意の1500mで4月の兵庫リレーカーニバル優勝、日本インカレでは3位と好走しています。

最終学年となる2020年大会は箱根駅伝で結果を残したいところ。1500mとハーフでは走り方は違うと思いますが、予選会を突破する走りを見せて欲しいです。

●荻久保寛也(城西・4年) 28分37秒66

昨シーズンは全日本大学駅伝で2区の区間賞を獲得するも、箱根駅伝はけがで欠場となってしまった荻久保寛也選手。ラストイヤーにかける思いは強いのではないでしょうか。
目指すは、予選会日本人選手トップ。自身の走りでチームを予選突破へ導いてほしいところです。

●チャールズ・ドゥング(日本・1年) 27分57秒36

実業団の小森コーポレーションから大学に入学した異色のランナーです。
10000mは27分台の記録を持ち、関東インカレのハーフ優勝など、入学からすぐに実力を発揮しています。予選会のトップ争いにも加わってくるのではないかと思われます。

スポンサーリンク

箱根駅伝2019予選会の結果(大学別)

箱根駅伝2019予選会は、箱根駅伝で優勝経験のあるチームが上位を独占、本選では予選会組から駒澤、順天堂、國學院大学がシード権を獲得する活躍を見せました。

順位 チーム 総合タイム
1 駒澤大学 10:29:58
2 順天堂大学 10:36:58
3 神奈川大学 10:39:16
4 國學院大学 10:40:38
5 明治大学 10:41:06
6 東京国際大学 10:41:15
7 大東文化大学 10:42:16
8 中央大学 10:42:55
9 国士舘大学 10:45:39
10 山梨学院大学 10:46:27
11 上武大学 10:46:51

↑ここまでが本選進出

12 麗澤大学 10:48:41
13 亜細亜大学 10:48:54
14 専修大学 10:49:23
15 創価大学 10:50:39
16 東京農業大学 10:53:49
17 筑波大学 10:55:23
18 駿河台大学 10:58:24
19 日本薬科大学 11:04:55
20 明治学院大学 11:05:45
21 桜美林大学 11:06:16
22 流通経済大学 11:07:46
23 関東学院大学 11:07:51
24 武蔵野学院大学 11:08:23
25 平成国際大学 11:11:44
26 慶應義塾大学 11:15:01
27 東京経済大学 11:16:56
28 立教大学 11:24:36
29 東京大学 11:43:18
30 東京理科大学 11:44:29
31 帝京平成大学 11:51:39
32 東京情報大学 11:58:51
33 学習院大学 12:00:17
34 一橋大学 12:02:29
35 高崎経済大学 12:04:45
36 東京工業大学 12:08:08
37 防衛大学校 12:12:20
38 首都大学東京 12:17:59

 

箱根駅伝2020予選会結果速報と予選突破10校はどこ?注目選手も!まとめ

今回は「箱根駅伝2020予選会結果速報と予選突破10校はどこ?注目選手も!」と題して、10月26日開催の箱根駅伝2020予選会の結果速報や注目選手についてお届けしていきました!

箱根駅伝の伝統校、そして初出場を目指す勢いのある大学と今シーズンは混戦模様。

どの大学が本選へ進むのか?結果が分かり次第追記していきます。

テレビや現地で箱根駅伝2020予選会を応援しましょう!