グランメゾン東京3話ネタバレ感想!尾花は丹後に勝つことができる?

グランメゾン東京

この記事では、グランメゾン東京ネタバレ3話感想!尾花は丹後に勝つことができる?ということでお届けしていきます。

木村拓哉さん主演TBS日曜ドラマの「グランメゾン東京」は評判も上々でただの料理のドラマでもなく、尾花の過去や3年前の事件など気になる要素がたくさん盛り込まれてワクワクするドラマになっていますね!

今回は「グランメゾン東京3話ネタバレ感想!尾花は丹後に勝つことができる?」と題して、11月3日放送の「グランメゾン東京」第3話のネタバレ感想をまとめています。

この記事では「グランメゾン東京」3話のネタバレが含まれています。先に「グランメゾン東京」第3話を見たい方は『Paravi』をご利用ください!

グランメゾン東京3話ネタバレ

尾花と倫子は「グランメゾン東京」のメインディッシュになる肉料理を作成に必死になっていたが、納得できる食材でメニューを作り出すことにできずに悩んでいた。

スポンサーリンク

コンクールエントリー

マリクレールダイニングのフードライターの久住と京野がジビエのコンテストに出ないか?と言って農水省と世界的な人気雑誌「マリクレールダイニング」のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることを決める。パリにいる編集長のリンダからの依頼があったようで、倫子はコンテストに出ることとする。

乗り気ではない尾花だったが、鹿のロースを買おうと卸業者に向かう尾花と倫子に京野だが、レストランgakuのオーナー江藤が、メイン食材となる鹿の上質なロースを市場から買い占めていることが判明し、尾花は丹後が参加することがわかりやる気になる。

相沢の協力

冷凍された鹿肉を使用するしかない尾花たちは、どうしても風味が落ちてしまうため苦戦していた。

そこで、尾花と京野、倫子は相沢の元を尋ねる。倫子は相沢に、お店がオープンするまでのメニュー開発を一緒に行ってくれないかと提案した。

相沢の娘、アメリーのお迎えには必ず間に合うように定時で帰っていい条件を伝える。

尾花は定時で帰るシェフはいないと反対したが、相沢がいた方がいい料理が生まれると京野が言うと、反論しない尾花や、倫子から必要とされている気持ちが伝わり、協力することに決めた相沢だった。

峰岸の元へ

相沢は伝説のジビエ猟師の峰岸の存在を教えてくれたため、峰岸に会いに行く尾花と倫子。

ジビエを仕入れたいと話すが、峰岸はコンテストと聞き拒否される。しかし、尾花が峰岸をわざと怒らせてジビエ料理を食べさせてもらうことになった。

鹿のロースのたたきとリブロースをご馳走になった尾花と倫子は想像以上のおいしさに驚いた。

こんなに臭みのない鹿肉の理由は、銃で撃って捕獲するのではなく、檻で仕掛けて生きた状態で捕獲するためだった。

命を頂いているからこそ、おいしく作る努力をしていることを知った尾花。峰岸よりおいしいジビエ料理を作るからジビエを仕入れたいと話すが、追い払われてしまった尾花と倫子だった。

ジビエ料理の試行錯誤が始まる

ロースがほしかったが、モモしか手に入らなかった。しかし、尾花は筋が入っていない場所を使えばおいしいジビエ料理ができると確信した。

硬いモモ肉を柔らかく仕上げることができた尾花。合わせるソースは、鹿の筋肉を使ってコンソメを作りたいと言い出す尾花に対して、以外な発想におもしろいと感じた相沢と倫子だった。

早速コンソメを作り始めるが、なかなか納得のいくコンソメを作ることができずにいた。

倫子は、自分の才能や努力がたりないことや、相沢は定時で帰ってアメリーを迎えに行った後も手伝ってくれているため、自分のせいで迷惑をかけていると思い罪悪感を抱き、悩んでいた。

倫子が悩んでいるのが分かった京野は、料理長の倫子は料理のことを悩んだ方がいいときつい助言をもらい、倫子は前向きになる。

そこで、料理長としてポワブラードソースがいいのではと提案した倫子。豚の血を使って作るソースだが、相沢はもう既に試していたがありきたりな味だったと言われて愕然とした倫子だった。

しかし、コンソメに、鹿の血を入れて作ることを決める尾花。尾花と倫子は峰岸の元を尋ねて峰岸が鹿を生きたまま連れてきて血抜きをしているため、峰岸は捨てている鹿の血をほしいと伝え、貰うことに成功した。

コンクール当日

コンクールがついに始まったが尾花の姿は全くなかった。京野がいくら電話しても繋がらず倫子はとても焦るが決心を決めて料理を開始する。

その頃、尾花は静岡にいる伝説のジビエ猟師の峰岸の元に訪れていた。コンクールはシェフがいるから大丈夫と言い、尾花は峰岸に考え抜いて作ったジビエ料理を作り出した。

鹿肉の焼き加減が難しかったが、倫子は見事な焼き加減で、コンソメと合わせた料理においしいと絶賛の審査員だった。

峰岸は一口食べてコンソメが何か違うことを見抜く。尾花は、コンソメは余計な物を吸い取るために卵白を使用しなければいけないが、卵白の代わりに鹿の血を入れることで鹿肉に合うコンソメを作り出したと伝える。

峰岸はバカうまいと言い、尾花は笑顔を見せる。

コンクールの結果

コンクールの結果は、「gaku」が優勝した。喜ぶ丹後だったが、新鮮な鹿肉を取り入れるのが難しかったことを知った。

江藤は審査員とも仲良さげに話しているのを見たため、裏で江藤が手を回していたことが分かり、自分の料理が認められたわけではなかったことに腹を立てていた。

倫子たちは落ち込んでいたところ、尾花が現れる。尾花と共に峰岸もやって来て、食材の仕入れをしてくれると言ってくれた峰岸の言葉に大喜びのみんなだった。

相沢の決断

全てのメニューを考え終わったため、相沢は約束通り辞めると言って出て行った。定時までと言う約束だったのに一生懸命メニューを考えてくれた相沢。

アメリーは相沢の前では笑顔を見せていたが、裏で寂しい表情をしていたのを見ていた尾花は、友達から羨ましがられる程のキャラ弁を作り、アメリーは本当の笑顔を取り戻していた。

尾花がアメリーのためにお弁当を作ってくれていたと知った相沢は、辞めたはずのグランメゾン東京の厨房に戻ってきていた。

その様子を見た倫子は、やはり相沢はグランメゾン東京に必要だと言い、相沢はグランメゾン東京で働いてくれることになった。

そこへ、人気雑誌「マリクレールダイニング」の編集長であるリンダがグランメゾン東京にやってきた。

リンダは尾花の元恋人でもあるようだ。

スポンサーリンク

グランメゾン東京3話ネタバレ感想

ここではグランメゾン東京3話のネタバレ感想をお届けしていきます。

グランメゾン東京3話の感想

試行錯誤して作り上げたジビエ料理がすごくおいしそうでした。尾花がコンクールに現れなかったときはどうなることかと思ったのですが、倫子に託していたのが素敵でした。

倫子なら必ず大丈夫だと信じたからこそ、尾花は倫子に託して峰岸の元へ訪れたのだと感じて感動しました。

コンクールで優勝することはできなかったけど、峰岸から仕入れの許可をもらうことができたことに対してみんなが喜んでいたので、見ているこっちも嬉しくなりました。

あんなに頑固だった峰岸の口から「バカうまい」という最高の褒め言葉をもらったときは感動しました。尾花の笑顔を見てこっちまでにやけてしまいました。

グランメゾン東京に相沢も加わることが正式に決まったのが本当に嬉しいですね。これからどうなっていくのか、期待大です。

番組を見た人の感想

スポンサーリンク

みなさんジビエ料理がおいしそう、食べたいという声が多かったです。

ジビエ料理がさらに人気になりそうです。第3話も感動したという声が多数あり、料理も楽しめて感動も味わえる素晴らしいドラマですね。

グランメゾン東京3話ネタバレ感想!尾花は丹後に勝つことができる?まとめ

今回は「グランメゾン東京3話ネタバレ感想!尾花は丹後に勝つことができる?」と題して11月3日に放送されたグランメゾン東京第3話のネタバレと感想をまとめてお届けして参りました。

コンクールの結果は残念でしたが尾花は素晴らしい食材を手に入れることに成功し、またかつての仲間も尾花の変化に少しづつ考えが変わってきているので、これから「グランメゾン東京」のオープンまで楽しみですね!