人物

大仁田厚の現在の顔画像と病気や怪我の状況は?母や妻・家族は?

こんにちは、さとみんです。

ファイヤー!!でおなじみの大仁田厚さんが2019年7月13日の
「大仁田厚デビュー45周年記念大会」(東京・新木場1stRING)で約5か月ぶりに復帰すると発表されました。

大仁田さんといえば、引退・復帰を繰り返し
世間ではまたか!と呆れられている大仁田厚さんは引退詐欺だとも言われていますが、
特に違法ではないようなので、これからも世間を呆れさせつつも
元気な姿を見せて欲しいですよね!

そんな大仁田厚さんの今現在はどうなっているのか気になりませんか?

そこで、今回は「大仁田厚の現在の顔画像と病気や怪我の状況は?母や妻・家族は?」と題しまして、大仁田厚さんの現在の姿や怪我・病気の状況にあわせ、お母様や奥様になど家族についても迫っていこうと思います。

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

大仁田厚の経歴・プロフィール

プロレスラーとして名前を知らない人はいないぐらい有名な大仁田厚選手ですが、まずは経歴やプロフィールをまとめておきます。

大仁田厚さんのプロフィール

名前:大仁田厚(おおにたあつし)

生年月日:1957年10月25日

年齢:61歳(2019年4月現在)

出身地:長崎県

身長:181センチ

体重:77キロ

職業:プロレスラー

波乱万丈な人生を送っている大仁田厚さんですが、
プロレスラーだけでなく政治家、タレントと様々な顔を持ってらっしゃいますね。

破天荒な一面もありますが、
41歳の時に高校を再受験し合格し卒業後の2001年4月からは明治大学政治経済学部(夜間)に入学し、学業・国会議員・プロレスラー・タレントの四足のわらじを履きながら活動されていたのには頭が下がります。

そして無事4年で大学を卒業されています。

私はプロレスについては詳しくないのですが、
主人が大のプロレス好きでありまして・・・って余談ですが
プロレスラーを目指してたとか?

そんなわけで問題行動もあるかもしれないですが、
温かく見守っていきたいな、というのが個人的感想ではあります。

大仁田厚の現在は?顔画像・怪我・病気など

そんな大仁田厚さんの現在はどうなっているのか?気になったので調べてみました。

顔が度々変化していると話題になっていますが、ご本人も整形を認めてらっしゃいます。
整形は本人の自己満足だと思うのでお金に余裕があれが、かっこよくなるため・可愛くなるために整形しても良いのでは?と個人的には思っています。

怪我に関しては2019年2月に両膝の人工関節置換手術を受けてリハビリ中の大仁田さん。
しかし、闘志はまだ失っていないようで

「恥ずかしながらよみがえります。紆余曲折の末、4月14日でデビュー45周年を迎えます。今思うのは、率直に僕はプロレスが好きだなということ。まだ両ヒザの腫れはあるけど、目標を定めないとリハビリにも力が入らないので復帰を決めました」

参考:大仁田厚さん本人のコメントより

というわけで、大好きなプロレスをするため目標を決めて復帰を決断したようです。

7月13日に復帰予定の大仁田さんは、その後10月にはメキシコにて初の電流爆破デスマッチ開催が内定したことも発表されました。

名前だけ聞くだけでもなんだか恐ろしく思えるのは私だけでしょうか?

くれぐれも大きな怪我なく終えてもらいたいものです。

大仁田さんが病気を患っているという話はないようです。

大仁田厚の母・妻・家族は?

続いて、大仁田厚さんのご家族について調べてみました。

大仁田さんのお母様は2017年の大仁田選手の引退セレモニーに招待された母の松原巾江さん、父が異なる弟さんを迎えてのセレモニーを行なっています。

小学生の時にご両親は離婚しており、大仁田さんはお母様に引き取られていらっしゃいます。
そんなお母さんは大仁田さんにとってかけがえのない存在でしょうね。

大仁田さんの妻については、
結婚されていて二人の間にはお子さんもいらっしゃいます。
お子さんと言ってももう30代ですね。

明確な理由は定かではありませんが、
2006年に1億円の和解金を払って離婚されています。

元奥様は一般人の方なので詳細は不明です。

ここまでは大仁田厚さんの家族についてお伝えしてきました。

ネットやツイッターでの反応

今回の復帰に関してツイッターでの反応を見てみましょう!


またか!と言われている一方で、
伝統芸能になっている、ガキ使の山ちゃんみたいともはやネタとして受け入れらているようです。

まとめ

今回は「大仁田厚の現在の顔画像と病気や怪我の状況は?母や妻・家族は?」と題して
大仁田厚さんの現在の様子やご家族について迫ってみましたが、いかがでしたか?

怪我をしても幾つになっても闘志あふれる姿を見せようとしている大仁田厚さん。

引退商法などと揶揄されることも度々ありますが、燃えつきやすいのかもしれませんね!

ここまでくると次の引退はいつか?など考えてしまいそうですが、
まずはリハビリをして7月に元気な姿を見せて欲しいですね。

それでは今回はこれまでとさせていただきます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。