監察医朝顔最終回ネタバレ感想と原作の結末!最大の悲劇と桑原の運命は?

監察医朝顔,最終回,ネタバレ,朝顔

2019年夏の月9ドラマ「監察医朝顔」が最終回を迎えました。主演の上野樹里さんをはじめ、安定した役者の皆さんで高視聴率をマークしていたドラマ。

第3話は1週間放送が遅れるということもありましたが、とうとう最終回を迎えました。

全話で、土砂崩れが起きその土砂から見える手がラストに映り放送は終了。

さて、最終回ではどのような結末を迎えたのでしょうか?

監察医朝顔の原作との違いなどはあるのか?桑原の運命は?ということで書いています。

この記事では「監察医朝顔」のネタバレが含まれています。先に動画見逃し視聴したい方は『FODプレミアム』をご利用ください!

監察医朝顔最終回ネタバレ結末

土砂崩れに巻き込まれた桑原たちだが、無事に土砂からはい出すことができた。

そして、朝顔に電話し山梨県警に行ってくると伝える。

その土砂崩れが起きた深夜、朝顔(上野樹里)の元に茶子(山口智子)から連絡が入る。山梨県で発生した大規模な土砂災害に対し、興雲大学法医学教室に応援要請があったからだ。朝顔は多くの遺体があるから通常の業務と違うと茶子に言われるが、「同行させて欲しい」と一緒に災害対策本部へ。つぐみ(加藤柚凪)は父の平(時任三郎)に預けて出発した。

スポンサーリンク

事故直前現場には、桑原(風間俊介)と神崎(市川右團次)の姿があった。反社会組織とつながって違法な開発や投棄を行っている建設会社を追っていた中、情報提供者の現場監督・赤井(笠原秀幸)に会い、赤井の案内で不法投棄の現場を見に行っていたところで巻き込まれた。

朝顔は、茶子、光子(志田未来)、高橋(中尾明慶)、絵美(平岩紙)とともに万が一も想定してあらゆる機材や書類を準備し、解剖案件は藤堂(板尾創路)と熊田(田川隼嗣)に任せて現地へと向かった。

早朝、災害対策本部が置かれた市民センターに到着した朝顔たちを迎えたのは、離婚して山梨県警の検視官に復職していた伊東(三宅弘城)だった。
事故から一夜が明け、被害状況も徐々に明らかになっていた。土砂崩れによって下敷きになったのは、老人ホーム、建設現場のプレハブおよび社員寮、三棟の民家だという。

しかし、二次災害の危険があることから、死傷者の数はまだわかっていなかった。

待機を指示された茶子は、その間に他大学の法医や地元の医師、警察・行政関係者らと連携し、遺体安置所の設営を進める。ほどなく、そこに遺体が運び込まれてくるが……。

20人の遺体が見つかったとの連絡が入る。

土砂崩れに巻き込まれて症状がなくてもブラッシュシーンドロームになる可能性があると言われ病院へ。

今すぐ「監察医朝顔」を視聴する!

無事にやれることをやりきった朝顔や茶子は自宅へと戻る。

そして自宅に帰った夜、桑原は土砂崩れに巻き込まれた時の恐怖を語り出す。
「生きていてよかった」と・・・

そんな中、来週お母さんのふるさとの灯籠流しがあると朝顔は桑原とつぐみに見て欲しいと伝える。

そして当日、祖父に電話をしこれから向かうと伝える朝顔。

4人でふるさとへ向かっているが朝顔は辛い顔をして足取りは重い。
それでも力を振り絞り、つぐみに母のふるさとを案内する。

そんな3人を父の平は穏やかに見つめていた。

そして、祖父の自宅へと到着、食事をしながら朝顔の昔話に花を咲かせる。

そんな中、祖父に母(さとこ)が見えて・・・というのは幻覚だったようで。祖父は泣き叫んでしまう。

そんな祖父を見た平は外へ出る。そして、平を朝顔は追いかける。
「さとこがすぐそばにいるような気がする」と父は話すと朝顔も「お母さんここにいるの?」と話しかける。

そして、頑張って生きていく!と母に誓った朝顔は父の平と抱き合う。

朝顔は家族と無事灯籠流しを終えることができ、また自宅へと戻り日常が始まる。

スポンサーリンク

今すぐ最終回までの朝顔をお試し視聴する!

監察医朝顔最終回の視聴率

1話から安定した数字で推移してきた視聴率ですが、最終回の視聴率はどうだったのでしょうか?

最終回の視聴率が発表され、13.3%だったことが明らかになりました。

月9といえば最近のドラマの視聴率は一桁に落ち込むものも多かったのですが、1話から最終話まで全て二桁で終えるのは久々だということで、

また月9が盛り上がってくるといいですね!

スポンサーリンク

監察医朝顔最終回ネタバレ原作漫画の結末は?

監察医朝顔の原作漫画の結末ですが、まだドラマが終わっていないのでなんとも言えませんが、漫画の結末とドラマの結末は異なる可能性もあるような気がします。

桑原の死

桑原の前妻は犬井という男に殺害されて亡くなっています、犯人の犬井は逃亡中。朝顔の命を狙っていると桑原は恐れていました。

犬井は桑原が朝顔と結婚したことを知り、朝顔に接触してくる。

そして、犬井は朝顔を桑原の前で殺そうとするが、朝顔はなんとか助かることができます。

しかし、犬井は桑原を撃ち桑原も犬井を撃ち二人とも死んでしまうという、ショッキングな結末となっています。

その後、朝顔は桑原との間に子供ができたことがわかり、その子供がつぐみが生まれます。

朝顔はシングルマザーとしてつぐみを育てて生きていきます。

 

スポンサーリンク

朝顔父の平が脳卒中で入院

朝顔もシングルマザーとしてつぐみを育てる中、つぐみが幼稚園に入ってから

朝顔の父の平(漫画では万平)は脳卒中で倒れてしまい、入院することに。

しかし一命はとりとめ、漫画では夫を亡くしながらも父までは失わなかったということでよかったのかな?

と言った結末で終わりを迎えます。

ドラマ『監察医朝顔』今すぐ見る!

そう考えるとドラマと原作漫画は大きく異なるのではないか?大きな違いがあるのではないかと思います。

監察医朝顔最終回ネタバレ最大の悲劇とは?桑原は?

最大の悲劇は土砂崩れのことだったようですね。

桑原も巻き込まれた土砂崩れ。

土砂崩れに巻き込まれたのは、老人ホーム・建設現場のプレハブ・社員寮、三棟の民家。

しかし、二次災害の危険もあり、死傷者の数はわかっていなかった。

待機を指示された茶子は、遺体安置所の設営を進めていく。少しするとそこに遺体が運び込まれてくる。20人の遺体が運ばれてくる。

そんな遺体安置所をみて朝顔は震災のことを思い出さずにはいられなかった。

結末は?今すぐ無料視聴する!

スポンサーリンク

監察医朝顔最終回ネタバレ感想

監察医朝顔最終回の感想をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

最大の悲劇というタイトルもあり、多くの方が桑原の死などを予想していたのでタイトルにやられた!という方も多く見られました。

朝顔の祖父大じーじが叫ぶシーンはとても切なかったですが、朝顔が戻ってきて娘が近くにいるように感じたのでしょうね!

また、エンディングでのづぐみの台本忘れてるよ!のシーンは微笑ましいアドリブのような感じでした。

とにかく原作とは違い、桑原も亡くなることもなく朝顔は母の死を受け入れ前を向いて生きていく力強さが最終回で感じることができました。

また父と娘の強い絆も感じることのできたドラマでしたね。

「監察医朝顔」を最初から見直す!

涙する人続出の心温まるシーンをもう一度

最大の悲劇との予告があったため、原作漫画のように桑原の死や父の病などの可能性も考えられましたが、土砂崩れだけで終わり桑原も無事だったので本当にホッとしました。

涙が止まらなくなるシーンはいくつかありましたね。

  • 桑原が自宅で朝顔に土砂崩れに巻き込まれた時の会話をしている時
  • おじいちゃんが朝顔を娘の里子と思って勘違いだと気づいた時

動画「監察医朝顔」最終回見逃し無料視聴する方法は?

監察医朝顔を見逃した方はTverとFODプレミアムで無料視聴することが可能です!

しかし、Tverでは1週間経ってしまうと視聴できなくなってしまいます。

FODプレミアムでは登録後1ヶ月間無料で動画の見逃し視聴を楽しむことができてしまうお試し体験もあります。

FODプレミアムは月額888円でフジテレビの動画を視聴できるサービスです。
人気ドラマが豊富で、しかも独占タイトルが5,000本以上も!!

フジテレビの現在放送中のタイトルだけでなく、『コード・ブルー』『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』などの
過去の名作ドラマの独占タイトルを配信しています!

さらにバラエティ、アニメ、 映画など様々なジャンルと人気タイトルがいつでもどこでも楽しめます。

監察医朝顔最終回ネタバレ感想と原作の結末!最大の悲劇と桑原の運命は?まとめ

今回は「監察医朝顔最終回ネタバレ感想と原作の結末!最大の悲劇と桑原の運命は?」と題して、ドラマ監察医朝顔最終回の結末がどうなるのか?漫画原作との違いや最大の悲劇は何なのか?まとめてみました。

上野樹里さん主演ドラマ『監察医朝顔』がついに最終回でした!

原作の結末とは違ったドラマのエンディングとなりましたね。

ドラマではオリジナリティーな結末で温かい気持ちになれてよかったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。