テレビ番組

4分間のマリーゴールド1話ネタバレ感想!最期が見えるみことの能力

4分間のマリーゴールド

2019年10月11日(金)からスタートした福士蒼汰さん主演の「4分間のマリーゴールド」

福士蒼汰さんは人の最期が見えてしまう特殊能力を持つ救命士役を演じます。

そんな「4分間のマリーゴールド」1話のネタバレ感想をまとめています。

この記事では「4分間のマリーゴールド」の第1話のネタバレが含まれています。先に「4分間のマリーゴールド」1話を見たい方は『Paravi』をご利用ください!

4分間のマリーゴールド1話ネタバレ

救急救命士として働く花巻みこと(福士蒼汰)には、手を合わせた人の「死の運命」が視えてしまう特殊な能力があった。最期の様子をビジョンで視てしまった患者に対し、みことはあらゆる手を尽くすのだが、一度視た運命はいつも必ず現実になってしまう。助けたいのに助けられないジレンマを抱えながら、それでも日々救急救命に全力を尽くしていた。

そんなみことは、父の再婚によって兄弟となった義姉・沙羅(菜々緒)、義兄・廉(桐谷健太)、義弟・藍(横浜流星)と、一つ屋根の下で仲良く暮らしている。
家族の前では普通に振る舞うみことだが、誰にも言えない思いを抱えていた。
義姉・沙羅を愛してしまったのだ。
血は繋がらないとはいえ、戸籍上姉である沙羅への気持ちを必死に抑えるみことだが、その想いは日々募るばかりだった。

スポンサーリンク

死の運命が見えるみこと

花巻みことは死の運命を見ることができる。

しかもその運命には逆らえず、亡くなってしまうのだ。

人の最期が見えるようになったのは幼い頃だったが、実際に救命士になってからそれは現実に起きていることを理解するようになる。

花巻家の日常

料理を作る蒼、みことに技をかける廉、そして沙羅、楽しい花巻家での日常。

みことの父はみことが9歳の時に再婚して、他の3人たちとは血の繋がらない兄弟だが楽しく一緒に暮らしている。

みことの父は再婚後すぐに亡くなってしまい、母はフォトグラファーとして世界を飛び回っていて自宅にほとんどいない。

救命士として

自分の特殊能力で人の最期が見える。でもそれに逆らうことができず必ずその人は亡くなってしまうこと。

それをどうにか変えたかったみこと。どうにか運命を変えられないか?考える。

ある日みことは、救急要請で向かった先で、自分の父の死因と同じ病状である心筋梗塞で倒れた男性の心肺蘇生を行う。その人をどうにか救いたいみことは違うビジョンを試み初めて死の運命から1人救うことができたのだ。

初めて死の運命を変えることができたと、喜ぶみことだった。

スポンサーリンク

みことの父の墓参りへ

みことの父の墓参りへ4人で出かける。廉がいつだって最初にお参りする。それがみことは嬉しかった。

みことは父の再婚に感謝だなとポツリ言う。

みことは自分の父が心筋梗塞になった時に何もできなかったことを悔やんでいた。

そして当時のことをみことと沙羅は思い出していた。

助けられなかったことを悔やむ幼きみことに優しく声をかけてくれたのは沙羅だった。

そして沙羅がいたから救命士になったとみことは沙羅に伝える。

先日と同じ老人が救急搬送へ

運命を変えたはずのみことだったが、同じアパートから救急の連絡が。

また、先日助けたはずの山口が倒れていたのだった。

もう一度運命を変えようとみことは試みるが山口は亡くなってしまい、みことが見たとおりの最期を迎えてしまう。

スポンサーリンク

絵の教室で働く沙羅

お年寄りたちに絵の指導をしている沙羅。

そんな時、みことに沙羅は電話をかける。

しかしみことは電話に出なかった。

家に帰ってこないみことを心配する兄弟たち

自分で運命を変えられないことに落ち込んでいたみこと。

心配する沙羅だが、兄弟たちはさほど気にしていないようだ。

しかし、みことが落ち込むといつもいる場所へ沙羅は探しに行く。

そして、沙羅はみことを見つけみことの悩みを聞いて抱きしめる。

沙羅の誕生日パーティー

ケーキを作る藍。そしてみことは沙羅のために花束を買う。

毎年みことは沙羅の誕生日に花束を贈っている。

その花束こそマリーゴールドだ。

そして、特大のバースデーケーキとともに兄弟で沙羅のお祝いをする。

その日の夜、マリーゴールドを庭に植えたいとみことは言うが沙羅は毎年もらうみことの花束の方が嬉しいと。

 

スポンサーリンク

幼き頃みた沙羅の運命とは?

再婚して引っ越し作業の時、みことは沙羅に出会う。

みことはおどおどしていたが、沙羅が優しく声をかけてくれたのだった。

そして手を合わせた時だった。幼いみことにはそれが何を意味するのかわからなかったが、今のみことにはあの時映った光景がなんだったか理解できる。

1年後の28歳の沙羅の誕生日、沙羅が死んでしまう。

みことに映ったのは沙羅の最後だった。

4分間のマリーゴールド1話ネタバレ感想

4分間のマリーゴールドの1話ネタバレ感想を私個人とドラマをみた人の感想をまとめています。

コミックは読んでいないのですんなりドラマに入ることができました。

沙羅の最後が見えている中、みことの沙羅への恋心もあり胸が熱くなりますね。

人の最期の運命を変えたと思っても最終的には死を迎えてしまう。

今後、みことは1年後の誕生日に沙羅を救うことができるのかこれからの展開から目が離せなくなりました。

藍役の横浜流星くんは個人的にはあな番のイメージが強いので制服姿が新鮮でした。また、沙羅役の菜々緒さんもすごくしっとりとした女性で今までの菜々緒さんとは全然違った可憐さを感じました。

スポンサーリンク

4分間のマリーゴールド1話を見た人の感想

実際の番組を見た人の感想を集めて見ました。

4分間のマリーゴールド1話ネタバレ感想!まとめ

今回は、「4分間のマリーゴールドネタバレ感想1話!最期が見えるみことの能力」ということで10月11日(金)からスタートTBSドラマ4分間のマリーゴールド1話のネタバレと感想についてまとめてみました。

みことの特殊能力に沙羅への想い。

今後の展開が楽しみです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。