ブログ運営

ワードプレス常時SSL化 httpからhttpsへ簡単変更(エックスサーバー編)

ありのまま主婦ブロガーさとみん(@mendokusagarist)です。

あなたのブログやサイトは安全な環境になっていますか?

Google Chromeのバージョンによって、
「保護されていません」「保護されていない通信」と表示されているでしょう。

下記は各ブラウザーでの表示に関して記しています。

Google Chrome 「保護されていません」「保護されていない通信」
Internet Explorer

Internet Explorer 9 以降で Web サイトを表示したときに、”セキュリティで保護されたコンテンツのみ表示” というメッセージが表示されます。
引用元:Internet Explorerのサポート

Firefox

安全な接続ではありません というメッセージのあるエラーページを表示します。
引用元:安全な接続ではありませんエラーについて

ちなみにhttpsへ変更するメリットは
セキュリティのレベルが上がり信頼できるサイトと認識されることでしょう。

初心者ブロガーでも簡単に
とにかく手取り早く常時SSL化する手順をまとめました。

今回は私が使用しているエックスサーバーをご使用の方への
SSL化の手順となりますので、

その他のサーバーをお使いの方は
別途、各サーバーごと検索していただくことを
オススメします。

SSL化のためデーターベースのバックアップをとる

まずは、データーベースのバックアップをとることをオススメします。
そうすることで、何か不具合が生じた際は変更前の状態へ戻すことができるので
安心して作業を進められるでしょう。

データーベースのバックアップにはBackWPupというプラグインをを利用します。

ワードプレスのダッシュボードから
プラグイン→新規追加をクリックし
BackWPupと検索してください。(こちらをコピペで構いません。)

インストール後→有効化

無料版、Pro版(有料)がありますが
初心者向けですので無料版で問題ありません。

BackWPupダッシュボードを開きます。

1クリックバックアップのデーターベースのダウンロードをクリック

すると〜〜〜〜.sqlというバックアップファイルがダウンロードされます。

ブログ初心者はまだデーター量も多くないと思いますので
ダウンロードに時間を要することはないでしょう。

エックスサーバーでSSL設定する手順

次にエックスサーバーでのSSL設定を行なっていきます。

エックスサーバーではドメイン取得後、
ワードプレスをインストール前に独自SSLを無料で行うことができるので

これからブログを始めようと思っている方はエックスサーバーをオススメします。
ドメインは取得したけど、ワードプレスはインストール前だよってあなたは
簡単にSSL化することができちゃいます。

 

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

ログイン後、「SSL設定」をクリック

SSL化したいドメインの「選択する」をクリック

続いて、「独自SSL設定の追加」をクリック

チェックボックスにはチェックは不要です。
独自SSLを追加するをクリックします。

クリック後は下記のように表示されます。

その後「SSL設定の一覧」をクリックすると
SSL用のアドレスが表示されているでしょう。

試しにクリックしてみると
独自SSL申請後すぐだと下記のように表示されます。

これは反映されるまでに時間がかかるためなので、
気長に待ちましょう。(最大約1時間)

SSL化されたドメインでアクセスできるようになったら
ワードプレスの設定をしていきます。

ワードプレスの設定をSSLへ変更

画像リンクや内部リンクをhttpsへ置換

ブログを始めたてで、記事も書いてない画像も数が少ないよ!
というあなたは、一個一個手作業で変換していくことも可能です。

しかし、初心者の方は特に編集など手間取ってしまうこともあるので
Search Regexというプラグインを使用して一括でhttpsへ置換しましょう。

先ほど、追加したBackWPupのプラグインと同様の方法で
今度はSearch Regexを検索してインストールしましょう。

インストール後→有効化をクリック

その後、管理メニュー(ダッシュボード)→ツール→Search Regexを選択

下記の
Search patternにhttpから始まる既存のURL
Replace patternにはhttpsから始まるSSL化後のURLを入力

その他の項目はデフォルトのままで大丈夫です。

そして「Replace」をクリック

置換する部分があると、下記のように表示されます。

3件の置換ができるということなので、
置換する部分に問題がなければ
「Replace&Save」をクリックして置換を完了させましょう。

以下のように表示されたら完了です。

もし、置換する部分がない場合は
下記のように表示されます。

実は私のサイトはSSL化済みなので
上記のように0件と表示されてしまいます。

また、ブログのURLを入力しても
全ての置換ができない可能性がありますので、

下記のようにブログURLではなく
httpからhttpsに変換できるように
下記のように入力し、
「Replace」→「Replace&Save」を実行すると
先ほどのように置換箇所が出てくるでしょう。

ここまでの工程ができたら
置換作業は完了です。

一般設定でURLを変更する

続いて、ダッシュボードの「設定」→「一般」をクリック

下記の図のようにhttp→httpsへ変更します。
変更後は「変更を保存」をクリックして変更内容を上書きして保存します。

まだ完全に保護さえれていない可能性もありますが、
次へ進みます。

.HTACCESSにリダイレクト用のコードを追加

ブログ初心者には聞きなれない言葉かと思いますが、
SSL化したサイトへSSL化する前のURLからアクセスした時に、
新しくSSL化したサイトへ移動することをリダイレクトと言います。

ここでは、このリダイレクトの設定を行っていきます。

そのために.htaccessファイルを編集する必要があります。

上記のようにエックスサーバーのファイルマネージャにログインします。

ファイル一覧が取得されますので、
ブログのURLをクリックしてください。

public_htmlをクリックしてください。

続いて、
.htaccessファイルをクリックします。


クリックすると
ファイルがダウンロードされますので、
念のためファイルをコピーしておきましょう。

ファイルのコピーができたら
ファイルマネージャに戻ります。

.httaccessファイルの横のチェックボックスに☑を入れ
以下のように、ファイル操作の「編集」をクリックします。

すると、テキストファイルが開きます。

テキストファイルの先頭部分に下記のコードをコピーして貼り付けてください。

リダイレクト用のコードはこちら⬇︎

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] </IfModule>

コードを貼り付けた後は編集したファイルを上書き保存します・

保存すると下記のように表示されます。

これで、リダイレクトされるようになりました。

試しに当サイトのURLで実験してみましょう。
http://ouchi-daisuki.comにアクセスしても
https://ouchi-daisuki.comの当サイトへ飛んでいるのが
お分かりになるでしょう。

以上でほぼSSL化は完了です。

ブログのセキュリティ状態を確認

それではブラウザでブログを確認してみましょう。

私はChromeクロームを使用しています。
Chromeを利用している方は

セキュリティが安全になると上記のように表示されます。

その他のブラウザは各自でご確認ください。

SSL化できない!!忘れがちな変更部分

よし!
設定変更完了だ!と思ってブログを確認すると

このような状態のままであることがあるかもしれません。

私の周りでもSSL化できない!と
嘆いていた方がいたので

最後にもう一度チェックすべき箇所をお伝えします。

チェック方法は他の方法もありますが
初心者には難しいと感じるので、
まず確認してほしい部分を以下にあげます。

ヘッダー画像・サイトロゴ・ファビコン

ヘッダー画像を一度削除して
再度設定してみましょう。

サイトロゴやファビコンも同様に再設定すると
SSL化が完了する可能性が高まります。

アフィリエイトタグ

まだブログを始めたばかりでアフィリエイトリンクを張っていない場合は
特に問題ないでしょう。

今はSSLに対応しているタグがほとんどですので、
もし古いタグを張っている場合は確認することをオススメします。

 

これでほとんどの方はSSL化したブログに生まれ変わっているでしょう。

おめでとうございます!!!

その他の設定変更

ここからは各自ご利用のサービスによって
設定変更の必要があるかどうかは変わってきます。

既に登録済みの方向けの詳細になります。

必要の方のみご活用ください。

Google Search Console

ブログをSSL化するとURLが変わるため、
サイト未確認となってしまいます。

ホームからプロパティの追加をクリックし
SSL化したURLを追加してください。

続いてサイトマップの送信を行います。
新たに追加したサイトURLを開くと下記のように
現在のステータスの「サイトマップ」には
「サイトマップがありません」と表示されているので

赤枠の部分をクリック

 

すると、下記のような画面が表示されます。

続いて「サイトマップの追加/テスト」をクリック

サイトマップのURLを入力し下記のように送信します。

送信後は下記のように表示されますので
「ページを更新する」をクリックして
更新しましょう。

下記のように登録したサイトマップが表示されたら
オッケーです。

これでSSL化したブログのサイトマップの登録も完了です。

Google Analytics

グーグルアナリティクスはGoogle Search Consoleより単純な作業ですみます。

Google Analyticsのホームから「管理」を選択

次の画面に進んで「プロパティ設定」をクリック

すると下記のような画面が表示されます。

プロパティの設定から「デフォルトのURL」で
httpからhttpsへ変更します。

最後に下へスクロールし「保存」したら完了です。

早めにhttpsへ変更するメリット

今回お伝えしたブログの常時SSL化(httpからhttpsへ変更)は
ブログを始めたばかりのうちに設定した方が
圧倒的に作業量も少なく済みます。

作業工程は人によって多く感じる方もいるかもしれませんが
手順通りに進めていけば
問題なく常時SSL化できます。

記事がたまってくると
作業量も増えてしまいますので、
早めにSSL化することをオススメします。

グーグルアドセンスの審査に通過するために
必須ではありませんが、やらないより早めにやる方のメリットの方が大きいでしょう。

あわせて読みたい
Googleアドセンス審査また落ちた 見直すポイントを考えたGoogleアドセンス審査に通過するポイントを審査に通らない方のブログを参考にして書いています。 このポイントを抑えてGoogleアドセンス審査を突破しましょう!...

常時SSL化するとPV数が一時的に減少するという方もいますが
初心者でまだPVが少ないなら特に気にすることはないでしょう。

あなたの大事な資産となるブログのセキュリティを高めて
安心したブログ運営をしていきましょう。