ブログ運営

1000いいねはブロガーにとって意味があるのか?その疑問にこたえよう

こんにちは、
SNSはもっぱらツイッターの発信が増えている
プロ干物美女ブロガーのさとみん(@mendokusagarist)です。

先日もお伝えした通り
ツイッター歴は2ヶ月で発信力はまだまだ至らずな私ですが、

私はFacebookでいいね1000以上を獲得した経験があります。

よくツイッターでは信頼を得られるかが非常に重要だと言われていますが、
これはどの媒体においても同じことが言えますよね。

数字だけで見るととてもすごいことのようですが
これで信頼が得られるのか?
また、自分のビジネスにリンクするかも含めて
私の実体験を元に話をすすめていきます。

実践10日で1000いいねを獲得した方法を無料公開

私が実際にFacebookで1000いいねを得た方法を特別に?!
無料で公開しちゃいます。

もう既に知ってるよ!という方もいるかもしれませんが、
知らない方もいると思うので
こちらで1000いいね獲得方法を書いていきます。

①まずは肩書きをつくる

これはブログやツイッターでも言われていることですが、
投稿文の最初に皆さんに覚えてもらいやすい、印象に残る肩書きを考えましょう。
自分が何者であるかがわかるような肩書きが重要になります。

例えば、

  • 2ヶ月で月商7桁ママ起業家の〇〇です。
  • ライフスタイルクリエイターの〇〇です。
  • 脱サラで起業1ヶ月で月商100万の〇〇です。

このような肩書きをしている人が多い印象です。

ちなみに私は、この方法を知る前から
最初に入ったコミュニティ内では、

こんにちは、みんなが気になるさとみんです!

という書き出しで必ず投稿するようにしていて、
多くの人に認知されました。

②今いる友達を整理する

フェイスブックでは仮に現在1000人の友達がいたとしても
1000人の友達に自分の投稿は表示されないというデメリットがあります。

エッジランクという言い方をする場合もありますが、
このランクの低い方を友達から外していきます。

そこで、まず初めにすることは

  • 友達になったけど関わりがない人
  • 自分のフィードに全然上がってこない人
  • 投稿してもアクションのない人

上記の方を友達から外します。

この作業が割と時間がかかるのですが、
いいねの数が100以下の人は友達の精査に時間をかけてから始めます。

③ターゲットとなる人を探し、友達申請する

ここでのターゲットとは
自分のビジネスにおいての顧客見込み客のことです。

スプレッドシートで管理していました。

一日に友達申請できる数は限られています。
人によってバラつきがあるので、警告が出たらその日は申請は控えましょう。

ターゲットの探し方のポイント

まずは、自分と同じようなジャンルの人をピックアップする。
起業家なら起業家さんを可能な限りピックアップ。
その起業家さんに積極的にアクションを起こしている人に友達申請をする。

※アクションを起こしている人とは
いいねより、超いいねや悲しいねなど
リアクションのあるボタンを積極的に使用している人
コメントを残している人になります。

④友達申請許可が出たら、積極的にアクションする

数が多くなると全てにすることは難しいですが、
「友達リクエスト承認いただきありがとうございます。」
などメッセージを送るとより良い関係が築けますが、

短期間で攻める場合は、
友達の投稿にいいねや、コメントを積極的に行なっていきます。

⑤友達リクエストが承認されない場合は申請を取り下げる

友達リクエストをしても中々承認されない場合は、
友達リクエストを取り下げます。

期間の目安は3日くらいでいいでしょう。

というのもアクティブに動いている人なら
リクエストに気づくはずなので、
そこで承認されないなら、さっさと次へ行動した方が良いという理由です。

⑥ひたすら③〜⑤を繰り返す

あとは、③〜⑤を繰り返していき、
アクティブユーザーと繋がることで
自分の投稿が相手のフィードに表示される回数が増えるので

徐々にいいねの数が増えてきます。

友達の上限は5000人なので
5000人に近づきてきたら、再度友達を見直していきましょう。

1000いいねで得られるメリットとは

もちろん1000いいねをしてなんのメリットもないならする意味はありません。

私もブログへの誘導を考えていましたが、
ブログだけでなく、メルマガやライン@への誘導も可能な方法です。

それは、ツイッターでも言えることですが
いかに自分のプロフィールを見てもらえるかにかかっています。

プロフィールには自分のブログURLを設置することができるので
そこに設置すること、

Facebookのプロフィールページ内の注目の写真、リンク掲載機能を活用し
任意の外部サイトへ誘導することが可能です。

この注目の写真はブログのアイキャッチなどと同じように
人を引き付けるような写真にすることが重要になります。

ブロガーのFacebook活用法

フェイスブックとブログは先日もお話ししたように
相性は悪いです。

あわせて読みたい
初心者ブロガーのSNS戦略Twitter・インスタ・Facebooktwitterを2018年7月から始めたばかりの プロ干物美女ブロガーさとみん(@mendokusagarist)です。 あなた...

それはブログは外部リンクになるため
他の人のフィードに上がりにくくなるという
フェイスブックの特性があるからです。

つまりツイッターのようにブログ記事の紹介をしても
多くの人の目には入らないのです。

もしブログをやっている方で
フェイスブックも活用したい方は

  1. 本文は誘導文にして、コメント欄にブログのURLを載せよう
  2. フェイスブックのプロフィールページにブログURLを載せて誘導しよう

そのためには
ある程度、友達の見直しとアクティブユーザーと友達になる必要が出てきます。

1000いいねを目指す必要はないですが、
アクティブな人と繋がり、自分のプロフィールを見てもらえる機会を積極的に作ること。

これがブロガーにとってのフェイスブックの有効活用になります。

最後に

どうでしたでしょうか?
同じSNSでも使い方を変えて上手に活用すれば結果に繋がるでしょう。

ただ、ツイッターもフェイスブックもインスタも
全て同時進行するのはかなりハードになります。

また、フェイスブックはインスタのように写真への反応も多く
投稿文を読んでくれない人が多くいます。

私個人の意見としては
やはりツイッターを有効活用しつつ、ブログのSEO対策をするのが
一番いい方法かと感じています。