オピニオン

ブログでもリアルでもモテる女には隙(すき)がある!

こんにちは、肩書きを変更した
プロ干物美女ブロガーのさとみん(@mendokusagarist)です。

せっかく始めたブログ。
あなたには私のブログがどのように写っていますか?

皆んなからもこう思われてる?!

「さとみんのブログの文章ってお堅くない?!」

実は主人から普段は干物女なのに?!
「文章だと堅過ぎじゃね?」
と・・・

さとみん
さとみん
ガーーーーーーーーーーン

一つ言い訳するなら、
仕事柄、ビジネス文書を使用する機会が多くて

丁寧な言い回しをする癖がついてしまって
それが中々抜けないのです。。

でも本当の私、オフの私は普通の会話もするし・・・
へんてこりんだし、親しみやすいタイプなんだけど。

人に見られるってことを意識しすぎるから堅くなってるのかな?
と自己分析。

雑記ブログとしてブログ運営してるのに主人からトドメの一言
「レポート提出してるみたい!!」w

つまり文章読んでても温かみとか人柄が伝わってこないってわけ。

もちろんブログをやってるからにはSEOなど
意識しないといけないことってたくさんあるけど

私の場合はもうちょっと隙をつくることが大事だなぁ
と今更ながら思って

この記事は普段よりは緩くなってるのが伝わってるといいなぁ
と思いながら書いてます。

ブログ記事更新の頻度がゆるいのは
私のエネルギー不足もあるけれど、
ありのままの自分を素直に出せてないからとも思う。

どうやったら自分の面白さが伝わるかな?

プロフィール記事はこだわったんだけど
本当、親泣かせの主人泣かせの女なんです。。。

失敗や挫折もたくさんしてきました。

そんな訳で、
ブログを書く上で大事なことを書いていきます。

どうやって隙のある文章を書く?

どんな文章が隙のある文章なのか考えて見たよ。

文章の書き方わからずこんなにも本を購入してしまった。。

隙のある文章を書く5つのポイント

  1. 写真やイラストを適度に入れる
    文章だけの記事だと読むのがしんどくなってしまい
    せっかくの良い文章も読んでもらえなくなってしまう。
    箸休め的に写真やイラストを入れること。
  2. 完璧を目指さない
    適当でいいというわけじゃなく、
    私が書いていたような、堅苦しい印象を与えるような言葉づかいを減らして
    親近感を持ってもらうように書くこと。
  3. 読み手の想像力を刺激する
    あまりに内容を詰め込みすぎると、
    読み手が満足してしまい行動に移してもらえなくなってしまう。
    伝えることは絞って情報を全て与えず、想像力を働かせること。
  4. ひらがなと漢字のバランスをうまくとる
    今は変換で簡単に漢字がでてくるので、漢字を使いがちですが
    これも読み手に堅苦しさを与えてしまいます。
    必要なところが際立つようにうまく漢字をつかうこと。
  5. 会話を文章化する
    ②の完璧に書かないこと、①の視覚からも読ませることに通じますが、
    文章より会話の方がより相手に伝わりやすく、印象に残りやすい。
    私のレポート文章じゃダメというわけ。

伝わる文章術オススメ本5選

10倍速く書けるスピード文章術/上阪 徹

この本は速く書くことを目的としていますが、
本の内容は文章の組み立て方から、余白のある文章術についても述べられていて、
ブロガーにとっては書くスピードも上がる一石二鳥以上の価値ある本です。

簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック 文章力の基本/阿部 紘久

本の表紙を見てもらえたらわかるように
『簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック』
このコピーだけでも、ポイントの④と⑤がうまく使われてますよね。

77のヒントが1ヒントごと見開き1ページでほとんど書かれているので
自分の気になるポイントを選んで読み進めることができちゃいます。

短くても伝わる文章のコツ/ひきたよしあき

他の本と同様、文章の骨格づくりからテクニックまで書かれています。
ただ、博報堂の方が書かれていることもあり
キャッチコピーや短く書くコツがたくさん書かれています。
特にツイッターの発信でも役立つこと間違いなし!

伝わる文章を書く技術/向後 千春

漫画やイラスト、図などもふんだんに使われていて
とて読みやすい本になっています。

自分の文章のダメなところをチェックできる項目があるので
ぜひチェックして改善してみましょう。

私は15項目中8個もダメなところにチェックが入りました。
改善するのみです。

人を操る禁断の文章術/メンタリストDaiGo

こちらは言わずと知れたブロガーやアフィリエイター、
文章を書く人には必須の本でしょう。

メンタリストだけあって『どうやって人の心を動かすか』
これがわかりやすく書かれています。

これが完璧にマスターできたら
怖いものなしと思える、さとみん一押しの本です。

隙のある女はブログでもモテる!!

可愛いのに面白いブロガーさん、
特に、あんちゃさん(@annin_book)と、ななえもんさん(@kameinanae)に
注目してます!!

もちろん私よりも若くて
いい意味でなんとなくおバカキャラっぽくパッと見は見えるけど、
めちゃくちゃ努力家である。

真面目なことを発信しているけど、時々下ネタだったりアホ?だったり。
でもブレがなく軸がしっかりしている。

この二つがミックスされることで
何とも言えない彼女たちの魅力に繋がっていて、興味がわく。

このたまに見せる『隙』余白ともいうけれど、
これこそ私たちに想像させたり、期待させるもの。

じゃあ、私に出せる隙って何だろ?

普段、友達と会話するだけなら下ネタだってカモンだけど、

一応、一人息子の母でもある。
しかも顔出ししてるし・・・

そこで私なりの結論は、

今までの挫折や失敗を発信しながら
少しずつ発信に共感や興味を持ってもらえるようにする!!

つまり弱みを見せるということ。

会話でも相手にもっと本音を語って欲しい時、
自分のダメなところを語ると、相手も話しやすくなることがありますよね。

会話術の応用で文章術をもっともっと上げていくぞ!!