仕事

K2って何?20歳の社長 加室氏に名古屋へ会いに行ったらまさかの展開!

こんにちは、日に日に干物化が進んでいる
プロ干物美女ブロガーのさとみん(@mendokusagarist)です。

最近よくみるスポンサー募集やスポンサーしますよ!
なんていうツイート。

私も何度か応募した経験があります。

あわせて読みたい
面接では失敗しない人がブログでスポンサーを得られない理由ブロガーの個人スポンサーに選ばれなかった理由を分析。面接で失敗しない人が何故スポンサーを得られないか考える。...

そんな中、ある日見つけたツイート

これを見てすぐに謎の男、加室氏へDMでプレゼン!!

さとみん
さとみん
名古屋行ってやるでー!!

と1人意気込んでました。

そして・・・

自分のダメっぷりを伝えつつも今後のビジョンをプレゼンし
名古屋へ行くことが決定!!

前置き長くなりましたが、これから本題へ。

Kota Kamuro氏って何者だ?

会うって決まったけど、
この時点ではKota Kamuro 20歳 K2株式会社 代表
民泊事業で1500万稼いでいる。

情報はそれくらいしかなかった。

彼のビジョンもわからず
とにかく会って見ないとわからない!
という気持ちしかなかった。

その後、彼が取材を受けた記事を読んで
Kamuro氏攻略を始めた。

K2株式会社 代表取締役 加室幸汰

プロフィール:1997年生まれ、愛知県出身

名古屋最年少ベンチャー起業家

通信制の高校で学びつつ、アルバイトをしながら個人事業主としてお父様の所有する物件を使って民泊の運用を経験したのち、そこで貯まったお金で海外アパレル用品の輸入販売も行う。

16歳で会社を立ち上げ民泊清掃事業を開始。

ご両親や親戚も経営者の環境で育ったため、会社を作るきっかけはなく
それが当たり前のことだった。

参考:民泊清掃代行事業を創業 ー 名古屋最年少ベンチャー起業家 加室氏にインタビュー

干物さとみん
干物さとみん
いやー攻略はむずいぞ・・・

いざ名古屋へ

とにかく会ってくれるんだから、自分の思いをぶつけてこようと名古屋へ!

実は生まれてから名古屋を通過したことはあっても
上陸したことはなかったので、

名古屋ってどんなところ?!

加室さんには本当に会えるのか?

若干不安になりながらも予定よりかなり早めに名古屋に到着。

さとみん
さとみん
Hello, Nagoya!!

この日の名古屋も暑かった。

しばらく駅周辺で時間を潰して
指定された「テラッセ納屋橋」へ!

そして加室さんに連絡。

さとみん
さとみん
到着しましたー!
Kamuro氏
Kamuro氏
うちの役員と打ち合わせしてたので、役員も同席します
さとみん
さとみん
役員って誰じゃー?!聞いとらんぞー

そうこうしながら無事合流。

まさかの展開!!

さとみん
さとみん
こんにちは、初めましてさとみんです。
Kamuro氏
Kamuro氏
こんにちは〜

ううっ、若い!!でもナチュラルだなというのが私の第一印象。

そんなこんなで、

Kamuro氏
Kamuro氏
さとみんは何をやりたいの?
さとみん
さとみん
私は〇〇をやりたいです!!
Kamuro氏
Kamuro氏
それいいですね〜!やりましょう!

経営者というのはやはり即決なのか?
役員の方もどんどんアイディアを出してくださり、
必要な関係者へもすぐにコンタクトを取ってくださった。

というわけで、
まだ詳細は言えないけど
周りからしたら普通のことに思う人もいるかもしれないけれど、
かなり大きなことをK2チームバックアップで
しかも2つもやっていくことになりました!!!

一回りも違うおばちゃんを支援してくれるなんて
感謝、感謝です。

さとみん
さとみん
やってやるぞー!!!

加室 幸汰の野望

加室さんの中で『スポンサー』という今、ツイッター上でみるものは
彼の考えと異なるということ。

今あるスポンサーはある程度の期間スポンサーとなって
スポンサー契約が切れたらキツい言い方をすると「ポイ捨て」

しかし彼の中で考えるスポンサーとは
ただお金の支援をするのではなく、その人の持っている能力だったりスキルを使って
加室さんも一緒になって何かしら実行していくというもの。

一時的な支援ではなく継続して物事を進めていくという。

※もちろん誰でもスポンサーを受けられるわけではないし、継続には条件もあります!!

彼はK2チームのメンバーと今後、様々なサービスを展開していく予定です。
これからも加室さんやK2チーム、もちろんさとみんからも目が離せないですよ!!

テラッセ納屋橋へ行けば加室さんに会えるかも!!?

とにかく名古屋へ行くべし!