オピニオン

まだイケハヤの情報で消耗してるの?

こんにちは、
プロ干物美女ブロガーのさとみん(@mendokusagarist)です。

最近ツイッターに疲れてしまって、
もう少し上手に活用したいなと考えています。

今日はツイッターをはじめて2ヶ月経った私が思ったことを
ゴマすりなどなしで本音で書いていきますよ。

あなたはSNSの情報に振り回されていませんか?

かなりぶっちゃけますので、
有名インフルエンサーのイケハヤことイケダハヤト氏のファンの方は
読まない方がいいでしょう。

先に言っておきますが、
私はイケハヤ信者でもアンチでもありません。

情報の取捨選択ができる人を目指しましょう。

有名インフルエンサーのイケハヤ氏とは?

今回取り上げるイケハヤことイケダハヤト氏についてですが、
Twitterをやっていてもやっていなくても特にブログを運営している人なら
名前だけは知ってるよ!という人が多いかもしれません。

私もTwitterを始める前から名前は知っていて
Twitterを開始してからはフォローもして
今後の役に立つ情報が得られればと思っていました。

イケハヤ氏のことを知るために
彼の書いたnoteも購入し、客観視できたらと思っています。

イケハヤ氏の経歴について

1986年生まれの32歳
どうでもいいですが私と同い年です。

早稲田大学政治経済学部を卒業
大学卒業後は半導体メーカーに就職するものの11ヶ月で退職

その後はITベンチャー企業へ転職し、SNS活用のコンサルティングに携わる。
こちらは1年ほど勤務されていたのかと思います。

2011年からプロブロガーとしてフリーランスで活動を始める。
ちょうど、東日本大震災があった時ですね。

それ以降はご存知の方も多いでしょうが
高知へ移住し、ブロガーだけでなくサロンオーナーや若年層の支援
スポンサー支援、資産運用など

様々な活動をされています。

noteも購入しているので
売り上げなどの詳細もかけますが、
著作権の問題もあるので、ここでの記載は控えます。

イケハヤ氏の信者?

後述しますが、過去にはブログ運営に関する有料のサロンも運営していたようですが
現在、彼は若者支援や無料のサロン、ブロギル(ブロガーズギルド)を運営しています。

「イケハヤ」と検索すると、
検索順位5番目あたりに
イケダハヤト元信者から聞いた信者入会から脱会までの軌跡
というブログがあり、のぞいてみたことがあります。

イケハヤ氏は良くも悪くも
インフルエンサーとして一つ一つの発信に影響力があります。

このブログに書かれていることが真実か否かは
読んだ方の判断に任せますが、

「信者」というか、私自身も過去に怪しげなフェイスブックグループに参加していて
そこで結果を残すこと、代表に認められることが全てだと思っていたので、
「依存」だと私は思います。

あわせて読みたい
オンラインサロンで起きた事実、知らないでは済まされないオンラインサロンが乱立していますが、どのサロンに入ろうか悩んでいる方も多いかと思います。 オンラインサロンに属したことがある私がサロンの現実をお伝えします。はあちゅうサロンに所属していた私が事実を話します。...




イケハヤ氏のツイートから考える

たくさんのツイートで時には炎上しているイケハヤ氏のTwitter。
彼のツイートを読むと、すごく納得できることもあるのですが、
時に何故そこまで言うのかな?

わざとアンチを盛り上がらせるためにやってるんだと
思うことが多々あります。

インフルエンサーですし、ファンもアンチもいて当然とは思いますが
自分からケンカ売らなくても・・・
と側から見ると子供染みてると思うこともしばしば。

フリーランスVS会社員

これはイケハヤ氏だけでなく、多くの方がツイートして
その書き方で炎上してしまうケースもありますが、

  • フリーランスになった方がいい
  • 会社員の方がいい

それはもう個人の意見なので賛否あっても仕方ないと思います。

ただ、安易に大学行かなくていいなんて言うのは
少し危険だと私は感じています。

大学行かなくても頭の切れる人がいるのは確かだと思うし、
私もそういう人と出会ったことはある。

日本の大学は入学するまでが大変で卒業は簡単なのは事実だけれど
中学でも高校でも大学でもどんな場所でもコミュニケーションは大切で

社会に出る前の小さな組織みたいなもの。

ある程度、個人に教養があれば問題ないと思うけれど
アルバイトでも学校でもある種の組織の中で

  • 自分がどうあるべきか?
  • 自分ってどういう立ち位置なのか?

そういうことを学べる大事な場でもある。

ぶっちゃけ高学歴でも仕事ができない人はいるけれど
でも努力してきたからこその高学歴なわけだ。

私は中高私立の進学校卒で都内有名私立薬科大を中退し、
米国の2年制大学卒で
学歴社会の日本での就活では苦労したからこそ思います。

クソリプ

以前私はクソリプに関して記事を書きましたが、

このイケハヤ氏のツイートは
「若者たち」をターゲットに発信しているもの。

私も「若さ」は強みだと感じることが多々ありますが、
私はイケハヤ氏とは違い、

「歳を重ねたことの旨み」

これもとても素晴らしい強みだと思っています。
やはり経験に勝るものはないですからね。

イケハヤ氏もnoteで過去の失敗など書かれていますが、
失敗したからこその今があるわけです。

また、クソリプという言葉は私自身は好きではなく
何かいい表現はないか考えています。

さらに
なんでも「クソリプ」と言っているのはいかがなものか?

意見しただけで、アンチだとかクソだとかいうのは
組織でいきていくには欠如した部分が多すぎると思います。

組織の長だとしても
意見を批判と受け取るなら、それはもうある種の「宗教」であり
教祖と変わらなくなってしまう

そこに気づく必要があると私は思っています。

あわせて読みたい
クソリプするのは暇人だからという人こそつまらないクソリプするやつは暇人だとツイッターで取り上げられて目にする機会が多いので、クソリプについてする人についてされている人について真剣に考えてみた。...

情報弱者への搾取

このツイートはかなり盛り上がっていましたが、
これはあくまでもイケハヤ氏の主観でしかないでしょう。

これも後述しますが、
これって自分で自分の首を絞めていることに気づかないのかな?

と私は冷静に見ています。

ここでいう
「ぜんぜん勉強しない人」がどう言った人を指すかによって変わりますが、

どちらの意味でもOKなように

  • 一応、ある程度の学歴の私、もしくはイケハヤ氏と同じ学歴の私の家族
  • 起業塾に入っていた私
  • 保険の営業をしていた私
  • ガン(正確には悪性肉腫)で母を亡くした私、家族

これらの視点から考えて書いていきます。

正直、意味のわからないことも多いのですが

イケハヤ氏が挙げている搾取に関して、

  • パチンコ
  • 宝くじ
  • リボ払い
  • 大手通信キャリア
  • 起業塾
  • 高額情報商材(どこから高額かわからないけれど)
  • がん保険

これらは私自身、購入したりサービスを利用した経験があるものです。

もちろん情報弱者が搾取されているものありますが、

  • 起業塾とオンラインサロン
  • 高額情報商材とnote

これらの差ってありますか?
全く同じだとは言いませんが、
言い方や表現の仕方が少し違うだけで同じ要素は多々あると思います。

これは、私がネットビジネスの運営にいたからこそ感じる部分です。

あとは、
これはあくまでも私の憶測ですが、
アフィリエイトのためにイケハヤ氏はピックアップしたものを
批判しているとも考えられます。

  1. ツイートで「上記のものから搾取されるな!!」と煽る。
  2. そして、仮想通貨や別の投資、大手キャリア以外のものを自分がやっていると発信
  3. そして、勉強していない人へそれらを勧め購入してもらう

あくまでも私個人の見解ですが、
そのような形へ誘導するためのツイートとも考えられます。

素直で純粋な「若者たち」あなたも搾取されているかもしれないと
本人たちが気付ければ一番いいと思います。

イケハヤ氏はビジネスをしているということ。

これを理解すべきだと思います。

若いから歳だからなんて関係ない。

その人自身の問題!!

安易にインフルエンサーに流され情報の取捨選択ができないことが問題。





イケハヤ氏だけの情報が全て正しいと思うな

イケハヤ氏の今でいうとブロギルでお世話になっている方は
イケハヤ氏のnoteは読んだことがあるのでしょうか?

イケハヤ氏のnoteは決して安くはなく29,800円です。

これを読んでいないで、ただイケハヤ砲だとか
もちろん恩恵を受けることはありがたいですが、

彼がどうして今の「イケハヤ」をつくっているのか
わかっている人はそう多くはないでしょう。

インフルエンサーに依存するな

少し前にTwitterではTwitterのフォロワーを増やす方法関連のnoteが
販売されていました。

その中で、インフルエンサーのツイートをとことんリツイートしろ!
という安易なものも多くあったのですが、

インフルエンサーに恩恵をもらい
バズったりすることは悪いことではありません。

ただ、そればかりに目が行き
SNSの本来の目的を見失い、
人の目、ここではインフルエンサーにいかに注目されるか?

そんなことばかり考えているようでは本末転倒です。

「依存」これは本当に恐ろしいことです。

  • ギャンブル依存
  • アルコール依存
  • 薬物依存
  • SEX依存

こう言った「依存」は危険だとか
恐ろしいと認知されていますが、

組織への「依存」についての危険は中々取り上げる人も少ないし、
自分自身が依存していることに気づいていない人が多いのが現実です。

自分がインフルエンサーになった将来も考えろ

横のつながりはとても大事。
大学行かない、ブログだけでもそれは構わない。

ただ、自分が有名になり組織運営をする立場になった時
全てオンラインで完結するなら大丈夫かもしれないですが、
オフラインでの活動も必要になった場合

基本的なやりとりができないのは少々心配です。

先日、どなたかのブログで
「電話が苦手な人」について書かれていましたが、

ユーチューバーやオンラインラジオで自己発信する機会は増えて
とても良いことだとだと思いますが、

仮に対企業とのやりとりとなった場合、
メールでも電話でもある程度の教養がないと
恥ずかしい思いをするでしょう。

イケハヤ氏がなぜ若者を支援するのか?

これを読んでいる若者は少ないかもしれないが、
イケハヤ氏がどうして若者を支援するのか?

あなたはきちんと理解できているでしょうか?

本当の情報弱者なのは誰なのか良く考えよ!

例えば、ブロギルで活動している方。
借金を売りに過去にブロギルGMをされていた方など、
マルチなどで借金をし、消費者金融に返済している。

こういう人をイケハヤ氏は支援している。

これこそ、情弱を取り込もうとしているのがよくわかる。

もちろんかなりの恩恵を受けたことも事実かもしれないが、
組織の中で必死に頑張って、
自分を見失わないでもらいたい。

若い人を支援すれば
自分が常にトップでいられるし
好きな人間だけで固めることができる。

自分に意見する人は切り捨てる。

彼の意図をわかっている若者は少ないだろう。

このような手法がいつまでも通用するとは私は思わない。

イケハヤ氏だけではないからね

今回はわかりやすいところで、イケハヤさんを例として挙げましたが
インフルエンサーは他にもいます。

ツイッターだけでなく、インスタグラムやフェイスブックでも同じです。

影響力があるからインフルエンサーと言われるわけだけれど、
全ての発信が正しいわけではないことをもっと勉強し、
何でもかんでもリツイートやいいね(ファボ)をすれば言いわけじゃない。

情報の取捨選択がうまくなれるようになりましょう!!

自己主張できることはとても良いことですが、
人の意見に素直に耳を傾けることができる人間でいたいものですね。