ニュース

飯塚幸三が新車購入を検討中!車種はプリウス?免許返納しない理由は

飯塚幸三

こんにちは、さとみんです!

6月2日更新!!

最新の情報によりますと、
飯塚幸三氏の免許剥奪が決定しました。

高齢者による車の事故が連日報道されていますが、
一番最初に大きなニュースになったのは、池袋で起きたプリウスの暴走事故ですよね。

この時、車を運転していたのは飯塚幸三元院長。
この元院長という表現や逮捕されないことから上級国民などという言葉も話題になりましたが、

逮捕されるされないに関わらず、飯塚幸三さんの運転の犠牲になった方々がいるわけです。

さらに世間に大きな衝撃を与えた事故。

それにも関わらず、なんと飯塚幸三さんは懲りもせず新車の購入を検討中とのこと。
これには呆れて開いた口がふさがりません。

そこで今回は、「飯塚幸三が新車購入を検討中!車種はプリウス?免許返納しない理由は」と題して、池袋で暴走運転をし2人の命を奪った飯塚幸三さんが新車を購入しようとしていることに関して、購入予定の車の車種はまたプリウスなのか?なぜ免許を返納しないのかについてまとめてみましたので、参考になれば幸いです。

それでは早速、本題へ入っていきましょう!

飯塚幸三が新車購入を検討中!車種は次もプリウス?


飯塚幸三さんが東京都池袋で4月19日の昼頃、通行人を次々とはね31歳の母親と3歳の娘が死亡した事故。もはや事件ですが。

この事故で自身も胸の骨を折る怪我をしていたこともあり入院していましたが、5月18日の午前に退院。

退院時の映像を見る限り歩くのもやっとのようにしか見えないのは私だけではないと思います。

そんな飯塚幸三さんが新車を購入することを4月中に検討していたと明らかになりました。

映像でもわかるように飯塚幸三さんは足を悪くしており通院中でしたが、運転免許を返納する考えはないようで、未だに自分の運転ミスであることは認めていません。

年齢でなんでも決めつけてはいけないかとは思いますが、
これだけの事故を起こしても自分の過失を認めず運転していた車プリウスのせいだとでも言いたいのでしょうか?

プライドが高いのでしょうが、ご自身の健康年齢をよく考えてもらいたいものです。

正直87歳という年齢で運転していると思うと怖いですが、
もしかしたら、歩行に問題のない人もいるかもしれません。

ただ、飯塚幸三さんに限って言えば杖をつかないと歩けない状況です。

豊かに生活されているなら、何も自分で運転しなくでも運転手だって雇うこともできるでしょう。ハイヤーを呼んでもいいはずです。

二人の若い命を奪ったことを全く反省していないことが残念でなりません。

これだけメディアでも取り上げられていますが、本当に新車を購入するのでしょうか?

そして購入しようとしていた車は次もまたプリウスなのでしょうか?

自動運転など車も進化していますが、やはりドライバーの意識が一番重要ですし、
飯塚幸三さんのような方がいる限り、今後も同じような事故が繰り返されることが恐怖でなりません。

どうか新車の購入をとどまってもらいたいです。

また、周りの家族も止めるべきです。
家族はなぜ飯塚幸三さんを止めないのでしょうか?

仮に新車を購入したとしても池袋の事故で免許はしばらく使えないはずです。

これも上流国民の特権とかあったりしないですよね?

今はマスコミからもマークされているでしょうから、
万が一、車を販売してしまったらメーカーやディーラーが非難されることは間違い無いでしょう。

スポンサーリンク

飯塚幸三が免許返納をしない理由


少し内容がかぶるところもあるかもしれませんが、
なぜ、飯塚幸三さんは免許を返納しないのでしょうか?

最初、この事故の報道があった時は家族が以前から免許の返納をするように促していたと言われていました。
しかし飯塚幸三さんは返納する気がなく結果的に池袋での暴走事故を起こしていました。

さすがに事故を起こした後では考え方も変わると思うのですが、
今の所、飯塚幸三さんは免許を返納する意思はないことが明らかにされています。

どうして免許返納をしたくないのか?考えてみました。

  • 池袋の事故は自分の運転ミスではない
  • 足が悪くても運転技術に問題はない
  • 車がないと不便だ
  • 自分はまだまだ若い

上記のように飯塚幸三さんが考えている可能性が高いと考えられます。

年寄りはとは言いたくはありませんが、
自分はまだまだ若いんだ!年寄り扱いするな!と思っている高齢者の方って結構いますよね。

でも人間誰しも歳をとり老化していくものです。
そんな自分を受け入れられない人も多いのかもしれませんが、
周りに迷惑をかけてしまうということをよく理解すべきだと思います。

池袋の事故を受けて免許返納する方が増えたようですが、
事故を起こしてもまだ大丈夫と自分の運転を過信している飯塚幸三さんのような人間もいます。

自主性にしていては事故は無くならないでしょうから、何らかの基準を設けるようにしてもらいたいと思います。

スポンサーリンク

SNSやネットの反応

今回の飯塚幸三さんの新車購入の報道を受けてSNSやネットでの反応を見てみましょう。

医師からは「運転を控えるように」といわれながら、自己理解がなさ過ぎる。確かに歩行と違い足はふらつかないだろうが、アクセルやブレーキなどの細かな操作があの足運びでできるとは思えない。ましてとっさの時の足の動きなどあの足の状態ではできるとはとても思えない。
亡くなられたご家族に謝罪の連絡をしてはいるけど、あくまでも芝居かかった謝罪。心からの謝罪とは思えない。心から悪いと思えば、運転はもう二度としませんという一言が出てくると思う。

引用:Yahoo!ニュース

予定してた新車の購入費も含めありったけの財産を御遺族に渡して下さいね。

引用:Yahoo!ニュース

戻ってこなかったのはアクセルペダルではなくあなたの足です。

その後の調査で車に異常は確認されていないし、そのような不具合があるなら同じ車種で同じ不具合が報告されているはずです。
(そんな不具合が確認されていれば言われなくてもマスコミが探して報道していますよ)

そんな苦しい言い訳を考えるよりも先に被害者に対して自分の犯した罪をどのように償っていけばいいのかを考えてください。

引用:Yahoo!ニュース

当たり前と言えばそれまでですが、
厳しい意見が多く投稿されています。

当然ですよね。

自分が犯した罪の大きさをよく理解してほしいですね。

まとめ

今回は、「飯塚幸三が新車購入を検討中!車種はプリウス?免許返納しない理由は」と題して、池袋で暴走運転をし2人の命を奪った飯塚幸三さんが新車を購入しようとしていることに関して、購入予定の車の車種はまたプリウスなのか?なぜ免許を返納しないのかについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

あまりに無責任な飯塚幸三さんには呆れるばかりです。

退院時のインタビューは替え玉だなどの噂もありますが、とにかく反省しているように感じられません。

犠牲者やその家族を何だと思っているのでしょうか。

飯塚幸三さんに限ったことではありませんが、高齢者一人一人が自分を過信せず老化を認め
事故を起こす前に免許の返納をすることを強く望みます。

最新の情報によりますと、
飯塚幸三氏の免許剥奪が決定しました。

これで新しい車を購入することも、運転することもないですね!
ひとまずホッとしました。

それでは今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。