子育て

ブロガーと子育ての両立

3歳の息子のママでもある、
プロ干物美女ブロガーのさとみん(@mendokusagarist)です。

小さいお子さんをお持ちのブロガーさんもたくさんいますが、

ブログと子育ての両立はうまくいっていますか?

実はここ最近、
息子が体調を崩すことが続いてしまい
息子が心配で看病しているのに
頭の中は

  • ブログ書きたいのにな〜
  • ツイッターのゴールデンタイムなのにな〜
  • 次はどんな記事にしようかな?

自分のことばかり。

同じような経験をした人もいると思います。

今回は高熱も続き、最終的に手足口病とのことで
お家で息子と過ごす時間がとても長かったんですが、

お子さんのいるブロガーさん、
私は子供は1人ですが、3人いたりとても忙しいはずなのに
ブログと両立できている人もいるので

どうやってブログと子育てを両立させて行くべきか
お届けしていきます。

子育てママパパブロガーの3つの敵

子供の病気

これは日頃から気をつけたとしても
中々防ぐことはできないですよね。

お子さんが病気にかかってしまったら
まずはお子さんを優先しましょう。

高熱でも元気な子もいれば、ぐったりしてしまう子もいるので
ここは状況は関係なく
まずは医療機関へいき診察してもらいましょう。

子供が中々寝てくれない

子供は親をよく見ているなと思うことが多々あります。

「早く寝てほしいな」と思うとその焦りが子供にも伝わってしまうんですよね。
そうすると子供は何か察知して寝てくれなくなるので
悪循環になってしまいます。

正直、早く寝てくれーと何度も思ったことがありますが
最近は一緒に寝るつもりで寝かしつけています。

寝かしつけながら一緒に寝ちゃう

こんなこともよくあると思います。
子供を寝かせてから自分のやりたいことをしようと思っていたのに一緒に寝てしまい、
気づいたらなんとも微妙な2時や3時に目がさめるパターン。

寝てしまったら時間は取り戻せないので
諦めるしかありませんが、

目が覚めてしまって活動できるのなら
早起きと言えるのかは微妙ですが、
子供が寝ている間にブログを書いてもいいでしょう。

子供が最優先なのは仕方ないし当たり前だと思ってブログを書こう

今日はお休みしようと諦めてOK

起こしてもらえる人がいたら起こしてもらう(私はこのパターン)

子育てママパパじゃなきゃ理解できないこともある

過去に起業塾に入った時に
子供が体調を崩して講座に1回参加できないことがありました。

主催者の方は結婚したばかりでお子さんはいらっしゃらない若い方でした。

家族のサポートが大事と言われ続け、
今の主人と籍を入れる前でしたし、
母も亡くしているので子供をみてくれる人が身近にいませんでした。

しかし、その女性は

  • あなたにはやる気がない!
  • 成功する気がない!

と強い口調で言ってこられました。

その場で言い返すこともしませんでしたが、
その時、同じ立場に立ってみないと分からなかったり
理解してもらえないことがあるんだな。

そんな風に痛感した時でもありました。

私は

  • 小さい子供がいるママとして
  • シングルマザーだった女性として
  • 再婚した経験をもつ人間として

もちろん独身時代もあったし、学生時代や留学していた時、フリーターの時期
様々な経験をしてきたからこそ、
相手の今の状況を見極めながら寄り添って発信しています。

多様性を受け入れよう

子供の世話をすることは
やる気がない訳でも、成果を出したくない訳でもありません。
言い訳でもありません。

そんなこと言える人は
子育てをしたことがないか、
お金に余裕がありベビーシッターなど雇っているかだと言えるでしょう。

どうしても自分と違う考えを持った人を素直に受け入れるのは難しいと思います。

しかし相手の考え方、多様性を受け入れることができると
相手の立場に寄り添った考え方ができ、一歩前進することができます。

最後に

今回はブロガーと子育ての両立をテーマに記事を書きましたが、
普通に働くパパママと子育ての両立、勉強と子育ての両立。

どんなことを両立するときでも
思い通りに進まない日は誰しもあるもの。

うまく状況に対応しながら
何事も楽しく両立していきましょう。